八重樫幸雄が明かす青木宣親のすごさ「ボクシングで世界王者になれる」

八重樫幸雄が明かす青木宣親のすごさ「ボクシングで世界王者になれる」


連載第14回(第13回はこちら>>)

【第一印象は「ちょっと時間がかかるな……」と思った青木宣親

――前回の岩村明憲さんに引き続き、今回も「指導者・八重樫幸雄」として、思い出の選手を伺いたいと思います。岩村さんのほかに思い出に残っている選手は誰でしょうか?

八重樫 うーん、青木(宣親)かな? 当時、若松(勉)さんが監督で、僕が打撃コーチだったんだけど、若松さんが青木をすごく買っていたんだよ。それで、「おいハチ、青木を一軍キャンプに連れていくぞ」って若松さんに言われたことはよく覚えているな。でも、初めてのキャンプで青木を見た時にはビックリしたね。

八重樫幸雄が明かす青木宣親のすごさ「ボクシングで世界王者になれる」

昨季、日本通算1500安打を達成した青木宣親 photo by Kyodo News

――どのようにビックリしたんですか? いい意味ですか、それとも悪い意味で?

八重樫 悪い意味で(笑)。とにかくボールが前に飛ばない。バッティングフォームが小さすぎて、力強いスインクができない。それに、野球を知らないんだから。ただ、足は速かった。青木は早稲田大学出身でしょ。当時のヤクルトのスカウト部長、小田(義人)さんが早稲田出身だったんだよね。あの頃、早稲田の鳥谷(敬)を見に行ったら、「すごく足の速い選手がいるぞ」ということで、青木の指名を決めたみたい。

――確かに若松さんも、「入団当初はバッティングに課題があったから、1年目はファームでじっくりと育てた」とおっしゃっていました。「野球を知らない」とは、どういう点で、そう感じたんですか?

八重樫 たとえば、彼は「バットの芯」を知らなかったんだよね。あの頃はラミちゃんアレックス・ラミレス)もいたんだけど、彼はいつも試合前に、僕のところに3~4本のバットを持ってきたんだ。それで、「バットのバランスや芯の位置を見てほしい」って言うから、僕がバットをチェックしていたんだけど、そうしたら青木に「八重樫さん、何をしているんですか?」って聞かれて。「バットの芯を確認しているんだ」って答えたら、「バットの芯って何ですか?」と言われたことがあった。「こんなことも教わってこなかったのか」って驚いたけど、青木は野球推薦じゃなくて、実力で早稲田に入学したから、バットの細かいことまで教わる機会がなかったのかもね。

――前回の岩村さんについては、「入団後すぐに魅力を感じた」とおっしゃっていましたが、八重樫さんから見た青木選手の印象はいかがでしたか?

八重樫 岩村の時のような感じは抱かなかったかな? だって、体は小さいし力はないし、さっきも言ったようにバッティングも小さかったからね。だから、若松さんには「監督、ちょっと時間がかかると思いますよ」って言ったんだ。


あわせて読みたい

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「今宮健太」のニュース

次に読みたい関連記事「今宮健太」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「大隣憲司」のニュース

次に読みたい関連記事「大隣憲司」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「岩隈久志」のニュース

次に読みたい関連記事「岩隈久志」のニュースをもっと見る

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月14日の野球記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。