血統で見るクイーンC。「旬の配合」馬が桜花賞の有力候補に躍り出る

 勝ち時計は1分53秒0、上がり3Fは34秒3と、稍重馬場でもあり数字的にはそれほど評価できるものではない。ただ、スケールの大きさは重賞級のものを感じさせた。今回はそれ以来約4カ月ぶりの実戦となるが、よりパワーアップした走りが期待できそうだ。

 血統を見ると、兄に昨年のGⅠジャパンC(東京/芝2400m)、一昨年のGⅠ大阪杯(阪神/芝2000m)を勝ったスワーヴリチャード、2014年のGⅢきさらぎ賞(京都/芝1800m)2着のバンドワゴンがいる。また、全姉ルナステラは現役で3勝を挙げている。

 ディープインパクト産駒で、母の父がアンブライドルズソングという配合は、昨年の最優秀2歳牡馬コントレイル、GⅡデイリー杯2歳S(京都/芝1600m)勝ち馬のレッドベルジュールと同じだ。GⅢアルテミスSを勝ったリアアメリア(東京/芝1600m)も、母の父の父がアンブライドルズソングと、まさに”旬の配合”と言える。

 さらに、本馬と同じ藤沢和雄厩舎で、昨年の桜花賞グランアレグリアは、アンブライドルズソングの父アンブライドルドを母系に持っていた。新馬戦の走りの内容からはGⅠオークス(東京/芝2400m)向きの印象もあるが、ここでいい走りをすれば、GⅠ桜花賞(阪神/芝1600m)の有力候補に躍り出るだろう。

 大崩れがなさそうで、馬券の軸として最適なのはマジックキャッスル(牝3歳/美浦・国枝栄厩舎)。福島芝1200mの新馬戦を4馬身差で快勝後、続くサフラン賞(中山/芝1600m)で2着、前走のGⅢファンタジーS(京都/芝1400m)でも2着だった。

 勝ち切れないレースが続くが、サフラン賞の勝ち馬マルターズディオサはGⅠ阪神ジュベナイルフィリーズ2着、ファンタジーS勝ち馬レシステンシアは阪神ジュベナイルフィリーズ勝ち馬と、強い馬を相手に好走を続けている。

 マジックキャッスルもディープインパクト産駒で、母は2008年桜花賞3着のソーマジック。兄ソーグリッタリング(父ステイゴールド)もリステッドの六甲S(阪神/芝1600m)を勝っているという優秀な血統馬だ。重賞実績からも、軽視は禁物だろう。

 以上、今年のクイーンCはルナシオン、マジックキャッスルの2頭に期待したい。

あわせて読みたい

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月14日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。