大野忍は、なぜ通算200ゴールまであと18なのに引退を決意したのか?

「自分自身がサッカーを楽しむことで周りに(サッカーの魅力が)伝わればいい」――。

 苦しいときこそ笑顔を絶やさず、1999年からトップリーグ、海外リーグで活躍した大野忍の引退会見は”しの”(大野の愛称)らしい涙を封印した笑顔あふれるものだった。

大野忍は、なぜ通算200ゴールまであと18なのに引退を決意したのか?

ムードメーカーの大野忍らしく、最後まで笑顔が絶えない引退会見となった

 時折、ジョークを交えながら、メディアひとり一人の質問に丁寧に答えていく大野。思い出のゴールを聞かれ、「想定してました(笑)」と挙げたのは、史上初のオリンピック銀メダルを獲得した2012年ロンドンオリンピック準々決勝、ブラジル戦のゴールだった。大野の持ち味でもある足元の技が光るステップから左足を振り抜いたファインゴールは今でも鮮明に思い出すことができる。

 なでしこジャパンのデビューは2003年。最初の数年は、アジアの戦いでも格下試合要員だった。複数得点を決めても相手は格下。重要な試合での出番はなく、ベンチを温め続けた。当時、そのチームの中心を担っていた澤穂希さんは、大野にとって憧れの存在であり、目標であり、後にかけがえのないチームメイトになった。

 大野が主力に食い込み始めてからの10年は激動だった。

「最もうれしかったこと」として大野が振り返った2011年のFIFA女子ワールドカップドイツ大会での優勝に続く、15年カナダ大会では2大会連続の決勝にコマを進めた。大野にとって「特別な大会」であるオリンピックでも、なでしこジャパンの快挙はめざましかった。12年のロンドンオリンピックでは、史上初となる銀メダルを手にした。それまでの日本女子サッカーはアジア制覇にも手が届かず、世界との差をまざまざと見せつけられていた。その歴史を思えば、大野が走り抜けた10年は激動以外の何物でもない。

 そんな大野も36歳を迎えた。たしかに、体力的には衰えもあるだろう。しかし、それ以上に彼女には、経験と戦術眼がある。個人として目標に掲げていた通算200ゴールまであと18というところにいた大野は、なぜこのタイミングで引退を決めたのか。

「昨年の10月ぐらいから(引退を)考えることが多くなりました。練習中に指導者目線というか、そうなってしまう自分がいて。よく指導者兼選手ってあると思うんですけど、自分はそれをやりたくなかった」

 目標としてその存在を追い続けていた澤さん、そして同世代でありながら「それはもう絶大な影響を受けた」という宮間あやには、いち早く相談したという。2人からは「(プレー)できる場所があるなら続けた方がいい」とも言われ、なかなか決断ができなかった。


あわせて読みたい

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月16日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。