ペトロヴィッチが大勝にも不機嫌。コンサドーレが成熟されつつある証

 2月16日、鳥栖。Jリーグ開幕を1週間後に控え、その”前哨戦”とも言えるルヴァン杯初戦だった。敵地に乗り込んだ北海道コンサドーレ札幌は、0-3という大差でサガン鳥栖を下している。

ペトロヴィッチが大勝にも不機嫌。コンサドーレが成熟されつつある証

就任して3シーズン目となるミハイロ・ペトロヴィッチ監督(北海道コンサドーレ札幌

 しかし、快勝を収めた札幌の指揮官ミハイロ・ペトロヴィッチは、試合後の会見で不機嫌にすら映った。

「浦和(レッズ)で負けたときの方が、今日勝った試合よりも私は嬉しかった」

 ペトロヴィッチ監督はそう言って、小さく肩をすくめた。

「(2014年の)浦和(の監督時代に)でホームの鳥栖戦だった。多くの決定機を作りながら、ゴールに嫌われて入らず、私の記憶が正しければ、豊田(陽平)にクロスを決められ、0-1で敗れた。大差で勝つこともできたはずのゲームだったが、そうはならなかった。しかし、サッカーではそういう試合もあるもの。自分たちとしては、狙いどおりにスペクタクルな試合ができた。結果は受け入れるべきだが、決して内容では負けていなかった。勝負は重要だが、サッカーはそれだけではない」

 ペトロヴィッチ流の本質はどこにあるのか?

 鳥栖戦、たしかに札幌はボールをつなぐのに苦労していた。GKク・ソンユンも含め、後方から組み立てを試みているが、しばしばパスがずれ、相手へ渡った。その動揺が次のミスを招いていた。

「昨シーズン、対戦したときは完全に回されていました」(鳥栖・金明輝監督)
 
 だが、この試合で主導権を握ったのは、鳥栖の方だった。

 札幌はお株を奪われたようで、自らのスタイルを出すことができない。「自分たちがボールを持って、攻撃を組み立て、敵陣に迫る」という回路に不具合が生じていた。単純にGKのいくつかのミスキック(受け方を含め)が足を引っ張っていたこともあった。

 ただ、悪いなりに戦う術を持っていた。ジェイへの長いパスで態勢を挽回。単発でも前にボールが収まると、そこから攻撃に転じられた。

 そして14分、攻勢で得た左CKから福森晃斗が蹴ったボールを、ジェイがヘディングで豪快に沈めたのだ。

「練習どおりの形だった。(キッカーに言われていた)走ってほしい、というコースを走って、決めることができた」(札幌・ジェイ)


あわせて読みたい

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「コンサドーレ札幌 + 移籍」のおすすめ記事

「コンサドーレ札幌 + 移籍」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「アビスパ福岡」のニュース

次に読みたい関連記事「アビスパ福岡」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ジェフユナイテッド千葉」のニュース

次に読みたい関連記事「ジェフユナイテッド千葉」のニュースをもっと見る

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月17日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. コンサドーレ札幌 移籍

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。