フェブラリーSで「二刀流」GI馬へ。モズアスコットの真価が問われる

 それにしても、GIII根岸S(2月2日/東京・ダート1400m)のモズアスコット(牡6歳)は強かった。直線で他馬を追い抜いていく時の脚が、1頭だけ次元が違っているように見えた。

 正直に言えば、筆者はレース前、この馬の馬券を買うか、買うまいか、散々悩んだ挙句、結局は「買えない」と判断した。

 GI安田記念馬で、クリストフ・ルメール騎手が乗る。馬の実力、騎手の手腕とも申し分ない。しかしながら、6歳にして、これが初ダートという点が引っかかった。これまで、同じような挑戦をした馬が凡走し、「やっぱりダートは合わなかった」と、陣営が言い訳するシーンを何度も見てきたからだ。

 ゆえに、この馬もまた「それらと同じだろう」と踏んだ。

 当日は3番人気。それでも、単勝が10倍近い配当(9.9倍)になったことに、筆者同様、評価しようとして”し切れなかった”ファンの、微妙な心理が表れていたように思う。

 だが、終わってみれば、モズアスコットのワンサイドゲーム。単勝1.9倍と断然人気のコパノキッキング(せん5歳)を、ゴール前で、まさに並ぶ間もなくかわして勝った。着差は1馬身4分の1。完勝だった。

「新星」と言うには、いささか歳をとっているものの、他馬を抜き去る終(しま)いの脚には凄みがあった。この馬は、まもなく迎えるGIフェブラリーS(2月23日/東京・ダート1600m)でも、有力な1頭になると思われた。

フェブラリーSで「二刀流」GI馬へ。モズアスコットの真価が問われる

前哨戦の根岸Sを快勝したモズアスコット


あわせて読みたい

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「エリザベス女王杯」のニュース

次に読みたい関連記事「エリザベス女王杯」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「宝塚記念」のニュース

次に読みたい関連記事「宝塚記念」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「天皇賞」のニュース

次に読みたい関連記事「天皇賞」のニュースをもっと見る

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月19日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。