FC東京・森重真人が考える優勝を逃した要因。「CBにも責任がある」

FC東京・森重真人が考える優勝を逃した要因。「CBにも責任がある」
拡大する(全1枚)

FC東京・森重真人インタビュー 前編

 1月6日の沖縄キャンプから新システムを導入し、ワンランク上のチームづくりに磨きをかけているFC東京。長谷川健太監督就任後2018シーズンは6位、2019シーズンは2位と、今シーズン目指すものはリーグ戦優勝しかない。昨年、最終ラインからチームを支え、自身のパフォーマンスも好調でベストイレブンにも輝いた森重真人に、昨シーズンについてと今シーズンの挑戦について語ってもらった。

FC東京・森重真人が考える優勝を逃した要因。「CBにも責任が...の画像はこちら >>

昨シーズンの振り返りと今シーズンの意気込みを語ったFC東京の森重真人

――まず、昨シーズンを振り返っていただきたいのですが、序盤戦(3-5月)は、9勝3分1敗と快進撃が続きました。この好調の要因をどうとらえていましたか?

「開幕から12試合負けなしだったのですが、一昨年戦えた自信と、キャンプで自分たちの課題に取り組んでやるべきことを理解し、モチベーションとかすべてがうまく噛み合っていいスタートを切ることができました。試合では自分たちの強みを理解し、それを最大限に活かす。それでいい結果が得られるという成功体験を一昨年の経験で得ていたので、序盤戦は自信を持って戦えましたし、いい試合ができていたと思います」

――6月から中盤戦に入り、ヴィッセル神戸、ベガルタ仙台に敗れましたが、つづく横浜F・マリノス戦では久保建英選手の壮行試合になって勝利し、連敗を食い止めました。ズルズルいかないところに、一昨年との違いが見られた感じがしました。

「そうですね。連敗して『あれ、また昨年と同じか』ってみんな頭の中によぎったと思いますが、タケ(久保建英)がいなくなるという刺激があった。そこでマリノス相手に自分たちのストロングポイントで勝負して勝つことができたので、また自信がついた感じはしました」

――ただ、今思えば、久保選手が抜けた穴は非常に大きかったですね。

「昨年は、一昨年にはなかったタケというオプションを見つけて、それで前半戦は『よし!』となりました。それで『さあ、これから』という時に、スタメンで出ていた中心選手がいなくなるのはやはり大きな痛手でしたが、タケがいなくなって負け出したら嫌だよねって、みんなで話していたし、監督からもそういう言葉が出ていたので、それを自分たちのモチベーションに変えました。周囲からもいろいろ言われたけれど、今いる選手が結果を残したいという想いが強かったので、割り切って進んでいくしかなかったですね」


編集部おすすめ

当時の記事を読む

長谷川健太のプロフィールを見る
webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「長谷川健太」に関する記事

「長谷川健太」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「長谷川健太」の記事

次に読みたい「長谷川健太」の記事をもっと見る

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク