識者5人が「J1全順位」を予想。優勝に最も近いクラブはどこ?

識者5人が「J1全順位」を予想。優勝に最も近いクラブはどこ?

今季のJ1はどこが制するのか

 昨季のJ1は、川崎フロンターレのリーグ3連覇なるかに注目が集まっていたが、その川崎はシーズン当初から勝ち切れない試合が続いて、早々に優勝争いから脱落。代わって、FC東京鹿島アントラーズ、横浜F・マリノスが熾烈な争いを見せた。

 そして激戦の末、最後に頂点に立ったのは、横浜FM。前年の2018年シーズンは12位と低迷し、決して評価は高くなかったが、その前評判を見事に覆して戴冠を遂げた。

 一方、残留争いも昨季は大激戦となった。半分以上のチームがその争いに巻き込まれて、どのクラブがJ2に降格するのか、土壇場までわからない状況にあった。

 そうした混戦模様は、今季も変わらないだろう。そして今年も、そんな大激戦のJ1における全順位を、識者5人に全力を尽くして予想してもらった――。 

昨季より上積みがあるFC東京が初の戴冠か。
ドウグラス加入の神戸に躍進の期待

杉山茂樹氏(スポーツライター)

1位 FC東京
2位 横浜F・マリノス
3位 ヴィッセル神戸
4位 川崎フロンターレ
5位 鹿島アントラーズ
6位 セレッソ大阪
7位 ガンバ大阪
8位 サンフレッチェ広島
9位 柏レイソル
10位 ベガルタ仙台
11位 北海道コンサドーレ札幌
12位 名古屋グランパス
13位 浦和レッズ
14位 大分トリニータ
15位 清水エスパルス
16位 サガン鳥栖
17位 湘南ベルマーレ
18位 横浜FC

 勢力図は、昨季とそう変わらないと見る。優勝は、横浜F・マリノスか、FC東京か。横浜FMは、左利きの左ウイング、FWマテウス(→名古屋グランパス)が抜けた穴が大きい。

 一方、FC東京は昨季後半、アウェー戦が続くなかでよく健闘。最後は逆転されたが、横浜FMとの差はわずかだった。今季は、その横浜FMより上積みされた要素が多いとみる。4-3-3への布陣変更も吉と出そう。

 少し前まで、優勝を争う関係にあった川崎フロンターレと鹿島アントラーズは、横ばい。布陣を変えて、イメチェンを図る川崎は、FWレアンドロ・ダミアンの活躍が浮沈のカギ握る。

 鹿島は、高卒ルーキーのMF荒木遼太郎(東福岡高→)、MF松村優太(静岡学園高→)が楽しみ。成績は、アントニオ・カルロス・ザーゴ新監督の采配次第だが、両サイドバックが活躍しないと優勝は望めない。


あわせて読みたい

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「川崎フロンターレ + 大島僚太」のおすすめ記事

「川崎フロンターレ + 大島僚太」のおすすめ記事をもっと見る

「川崎フロンターレ + 中村憲剛」のおすすめ記事

「川崎フロンターレ + 中村憲剛」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「鹿島アントラーズ」のニュース

次に読みたい関連記事「鹿島アントラーズ」のニュースをもっと見る

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月20日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. 川崎フロンターレ ジュニアユース
  2. 川崎フロンターレ 中村憲剛
  3. 川崎フロンターレ 大島僚太

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。