19歳の怪物ハーランドが見せた底知れぬ才能。大型FWの概念を覆す

 約2カ月のインターバルを経て再開したチャンピオンズリーグ(CL)は、いよいよラウンド16が開幕。その初日に用意された注目カードのひとつ「ドルトムント対パリ・サンジェルマン(PSG)」の第1戦は、下馬評を見事に覆したドルトムントが2−1で先勝することに成功した。

19歳の怪物ハーランドが見せた底知れぬ才能。大型FWの概念を覆す

19歳のハーランドがPSG相手にまたも大爆発

 勝利の立役者となったのは、2ゴールを挙げた19歳の怪物ストライカー、アーリング・ブラウト・ハーランドだ。

 身長194cmのノルウェー代表FWは、昨年5月にポーランドで開催されたU−20W杯のホンジュラス戦で9ゴールを記録し、その名をヨーロッパに広めたばかり。しかし、そのスバ抜けた得点力は当時所属のザルツブルクで南野拓実(現リバプール)とともに出場した今季のCLの舞台でも証明され、グループリーグ6試合で計8ゴールを量産した。

 その才能を見込んだドルトムントが争奪戦の末、冬の移籍マーケットで2200万ユーロ(約27億円)を支払って獲得に成功すると、初のブンデスリーガの舞台でも物怖じすることなく、目下6試合9ゴールという超ハイペースでゴールを量産しているのだから、驚きである。今、最も旬なフットボーラ—と言っても過言ではないだろう。


 そのハーランドがこの大一番で決めたふたつのゴールも、その規格外ぶりを象徴するかのようなセンセーショナルなものだった。

 まず、試合の均衡を破った一発目は、それまで攻撃が手詰まり状態だったPSGがアンヘル・ディ・マリア、キリアン・エムバペ、ネイマールの3人で作った、この試合初めてのチャンスを逃した直後の69分のこと。

 同じく冬に加入した新戦力エムレ・ジャンの縦パスを受けたハーランドは、ダイレクトで前を向くジェイドン・サンチョにボールを預けると、そのままゴール前へ進入。サンチョから右サイドのアクラフ・ハキミにボールが渡る間に、タイミングを計りながらニアサイドに走り込んでPSGのマルキーニョスとチアゴ・シウバのふたりを引き連れることで、自分の背後にスペースを空けてハキミのマイナスのクロスを誘った。

 そこに走り込んだラファエル・ゲレイロが放ったシュートは、シュートブロックに入ったマルキーニョスの足に当たってボールがわずかに弾む。その瞬間、ハーランドが素早く反応して右足でゴールネットを揺らしたのである。


あわせて読みたい

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月21日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。