Tリーグ優勝争い展望。東京五輪内定組の存在が勝負のカギを握る

Tリーグ優勝争い展望。東京五輪内定組の存在が勝負のカギを握る

張本智和丹羽孝希水谷隼の男子五輪組がそろう木下がファイナルへ進出

 2年目を迎えたTリーグは2月16日、レギュラーシーズンの全日程を終え、プレーオフファイナル出場チームが決定した。女子は1年目のシーズンと同様、日本生命レッドエルフと木下アビエル神奈川が出場権を獲得。男子は木下マイスター東京が初代王者の貫禄を見せつけ1位通過を果たし、2チーム目はT.T彩たまとの最終戦を制した琉球アスティーダが初の両国国技館への切符をもぎ取った。

 振り返れば、Tリーグの2シーズン目は、東京五輪の代表レース争いが注目され始めた8月下旬に開幕した。それぞれ移籍・退団する選手もいたため、各チームの勢力図も変化。琉球から木下に移籍した丹羽孝希や、彩たまから琉球に活躍の場を移した吉村真晴など、エース級の移籍がリーグ2年目から行なわれたのは印象的であった。

 また、翌年の東京五輪を控え、中国側が日本選手を警戒し、中国選手の派遣禁止を決定したことも、各チームに大きな影響を与えたことは間違いない。

 日本生命は、昨シーズンのダブルスベストペア賞を獲得した常晨晨(チャン・チェンチェン)、蒋慧(ジャン・ホイ)が参戦不可に。木下アビエルは、昨シーズンのマッチ勝利数2位の袁雪嬌(エン・シュエジャオ)がチームを抜ける形となった。開幕前は、失った戦力の穴をどうにかして埋めるべく、それぞれの監督は頭を抱えていたことだろう。

 とはいえ、1位通過を決めた初代女王の日本生命は、チームマッチ数21試合中14勝7敗で勝点51、前年度よりも1勝上回る成績を残した。

 戦力としては、東京五輪代表「3枠目」を勝ち取った平野美宇、ファイナルでの2勝を含め1年目13勝無敗で初代MVPを獲得した早田ひなの2枚看板に加え、世界ランキング16位の田志希(チョン・ジヒ/韓国)、同26位の陳思羽(チェン・ズーユ/タイペイ)という世界ランカーが名を連ねていた。

 とくにチームを支えたのは、女子シングルス14勝7敗で最多勝に輝いた森さくらだ。国際大会への出場でチームに帯同できる時間が少なかったメンバーがいるなか、エースとしてファイナル進出に導いた。さらに女子ダブルスで勝率1位となった前田美優の活躍も、今シーズンの好成績の大きな原動力になっていたのは間違いないだろう。

 その日本生命に立ち向かう木下アビエルは、2位通過を決めたものの、初年度の18勝3敗という圧倒的な結果に対し、今シーズンは13勝8敗と大きく成績を落とした。

 シングルスで袁が抜けたことに加え、石川佳純の出場試合が減り、女子ダブルスの長﨑美柚/木原美悠ペアが昨シーズンより勝利数を落としたことが影響したと言える。


あわせて読みたい

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月21日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。