東京でメダル獲得を。車いすバスケ女子日本代表の課題が明確になった

 2月14~16日の3日間にわたって、丸善インテックアリーナ大阪では「国際親善女子車いすバスケットボール大阪大会」が行なわれた。今大会には女子日本代表のほか、世界選手権2位のイギリス、同5位のカナダの3カ国が参加し、総当たりで2試合ずつを行なった。

東京でメダル獲得を。車いすバスケ女子日本代表の課題が明確になった

キャプテンとしてチームをけん引した藤井郁美

 結果は4戦全勝のカナダが優勝し、2勝2敗のイギリスが準優勝。日本は4戦全敗で3位となった。今大会で明確となった日本の課題、強豪相手に得られた手応えは何だったのか。半年後の東京パラリンピックでメダル獲得を目指すチームの現状を追った。

「勝てた試合だっただけに、悔しいというか、やりきれない感じ。なぜ勝てないんだろう、という思いで、いっぱいです」

 最終戦を終えたあとのインタビューで、チーム最年少の柳本あまねが語った言葉が、チームの気持ちを代表しているようだった。

 イギリスは、1996年アトランタから6大会連続でパラリンピックに出場し、前回のリオでは4位と初のメダルまであと一歩に迫った。2018年世界選手権、2019年ヨーロッパ選手権では女王オランダに次ぐ2位と、近年は目覚ましい躍進を遂げている。

 カナダは、92年バルセロナから2000年シドニーと3大会連続でパラリンピック金メダルを獲得したこともある古豪。04年アテネでの銅メダルを最後に、表彰台には上がっていないが、昨年のアメリカ選手権で優勝し、練習試合とはいえオランダを破るなど、急速に力をつけてきている。

 日本は、08年北京を最後に2大会連続でパラリンピック出場を逃し、2018年世界選手権にもアジアオセアニア予選で敗れ、本戦には出場していない。2014年世界選手権以来、”世界一決定戦”のステージに上がることさえできていない日本にとって、イギリスとカナダはまさに格上の相手と言っていい。

 チームとしての経験値に違いはあるものの、今大会、日本は相手に”胸を借りる”つもりだったわけではない。狙っていたのは、善戦ではなく、ただ一つ勝利のみ。岩佐義明HCも「どちらかに勝たないと、東京パラリンピックでのメダルはない」と語っていた。しかし、結果は全敗。本番を半年後に控えたチームにとって、厳しい現実を突き付けられたかたちとなった。

 決して、日本が停滞や後退をしているわけではない。むしろ、いくつもの成長の跡が見てとれた。戦略の”引き出し”は確実に増えている。

 今大会の数日前、日本はイギリスと練習試合を行なっている。お互いに選手も戦略もいろいろとトライした試合で、一概に結果だけで判断することはできない。だが、その試合でイギリスのエース、エイミー・コンロイにペイントエリア内から大量得点を奪われたことは、同じように高さで日本を上回る海外チームに対しても課題となることは明らかだった。


あわせて読みたい

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「バスケットボール + 日本代表」のおすすめ記事

「バスケットボール + 日本代表」のおすすめ記事をもっと見る

「バスケットボール + B.LEAGUE.」のおすすめ記事

「バスケットボール + B.LEAGUE.」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「フットサル」のニュース

次に読みたい関連記事「フットサル」のニュースをもっと見る

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月22日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

  1. バスケットボール B.LEAGUE.
  2. バスケットボール 日本代表

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。