マンCが凄腕弁護士50人を雇って反撃か。UEFAとの争いの行方は?

 2月14日、マンチェスター・シティに激震が走った。ファイナンシャル・フェアプレー(※)で重大な違反があったとして、マンチェスター・CがUEFA主催大会での2年間の出場禁止処分を受けたのだ。

※ファイナンシャル・フェアプレー=UEFAが2011年にクラブ財政健全化のために定めた規則で、支出が収入を上回ってはいけないとする。支出は移籍金や選手報酬など、収入はスポンサー収入やテレビ放映権、大会賞金、スタジアム入場料などを指す。

マンCが凄腕弁護士50人を雇って反撃か。UEFAとの争いの行方は?

グアルディオラ監督はマンチェスター・Cから離れるのか

 マンチェスター・Cはこれを不服とし、スポーツ仲裁裁判所に異議を申し立てる意向を示した。

 しかし、仮に訴えが認められなかった場合、来シーズン限りで契約満了となるジョゼップ・グアルディオラ監督の退任や、高額な報酬を受け取っているラヒーム・スターリングやケビン・デ・ブライネといった主力選手の退団など、英メディアではネガティブな可能性が伝えられている。

 2シーズンにわたりCLに出場できなければ、マンチェスター・Cは3000万ポンド(約43億円)の収益を失うとも言われる。主力選手の流出は避けられそうになく、現体制をそのまま維持するのは極めて難しそうだ。


 さらに、影響はプレミアリーグ全体にも及ぶ。

 スポーツ仲裁裁判所が「違反があった」と判断すれば、各クラブに正しい財務情報の提出を義務付けているプレミアリーグとしても動かざるをえない。マンチェスター・Cへの制裁措置として「過去のリーグ優勝剥奪」「勝ち点剥奪」「チームの4部降格」の可能性も指摘されている。

 また、来季からCL出場停止が決まれば、今季リーグ5位のチームが繰り上げで来季CLに出場することになる。英BBC放送は「プレミアリーグもなりゆきを注視している」と報じた。

 そもそも、マンチェスター・Cの問題はどこにあったのか。

 UEFAがマンチェスター・Cに違反があったと見なしているのは2012年~2016年。この間、マンチェスター・Cは実際よりも多くの収入があったと報告し、財務諸表を改ざんした疑惑が持たれている。

 さらに、この疑惑に関してマンチェスター・Cは、ファイナンシャル・フェアプレーを管理するクラブ財務管理機関の調査に全面的に協力しなかった。この2点が問題視されている。


あわせて読みたい

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「マンチェスター・シティ + 監督」のおすすめ記事

「マンチェスター・シティ + 監督」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「レアル・マドリード」のニュース

次に読みたい関連記事「レアル・マドリード」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「トッテナム」のニュース

次に読みたい関連記事「トッテナム」のニュースをもっと見る

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月25日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. マンチェスター・シティ 監督

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。