ガンバ大阪、9年ぶりの開幕戦勝利。マリノス対策のポイントは3つ

「ここ数年、開幕ではスタートダッシュが切れなくて苦しいシーズンになっていた。今年は開幕でいちばん強いところとやって、勝てば自信になる。実際、勝てたのでそれはでかいと思う」(倉田秋)

ガンバ大阪、9年ぶりの開幕戦勝利。マリノス対策のポイントは3つ

倉田秋の1ゴール1アシストの活躍で、ガンバ大阪が開幕戦に勝利した

 ガンバ大阪が、2011年以来、9年ぶりにJリーグ開幕戦を白星で飾った。

 昨年の覇者・横浜F・マリノスに勝利したことは、ガンバにとって非常に大きな意味を持つ。ここ2年間は序盤から勝てずに苦しみ、そのもたつきが後半戦の残留争いに巻き込まれる要因になっていた。

 それだけにこの日のガンバからは、この一戦に懸ける並々ならぬ執念が感じられた。実際、ゲームでは選手全員が必死になって戦う姿勢を見せて勝利した。現在、もっとも強いと言われるチームに勝ったことは自信になり、勢いがつく。好スタートが切れたのは、タイトル獲得に向けてポジティブな要素だ。

 このマリノス戦は、練りに練ったガンバの作戦勝ちでもあった。

 ルヴァンカップの柏レイソル戦では、沖縄合宿から継続してきたハイプレスの練習の成果をほとんど出すことなく0-1で敗れた。危機感を感じた宮本恒靖監督は、チームとしてやってきたことをもう一度やり切ること、そしてマリノス対策として3つをポイントに挙げ、練習をしてきた。

 まず、マリノスのサイドバックを誰が見るのか、ということだった。右の松原健と左のティーラトンは、共に中央に入ってビルドアップに参加する攻撃のキーパーソンである。

 ガンバの左サイドバック、藤春廣輝は言う。

「あのふたりは攻撃を組み立て、スルーパスも出せる。フリーで持たせるとかなり危ない選手なので、誰が見るのか、練習ではそういうことを徹底していました」

 左の藤春は対面のウイング仲川輝人をマークし、右のオ ジェソクは遠藤渓太をケアすることになった。そして相手のサイドバックに関しては、倉田が松原を、小野瀬康介がティーラトンをマーク。また、藤春らサイドバックがマークした選手に対応している際の裏のスペースは、センターバックがケアしていた。

 マークする相手を決め、責任を持たせることで、選手たちは自らのタスクを果たすべく、必死になってプレーした。その結果、1失点に抑えることができた。

 2つ目のポイントだった、前線からのハイプレスも機能した。

 ハイプレスは、沖縄の1次合宿から取り組んできたガンバの今年の目玉戦術だ。90分間、前からプレスをかけ続けることを理想として、そのためのフィジカル強化と多くの練習試合をこなしてきた。


あわせて読みたい

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「ガンバ大阪 + 宮本 恒靖」のおすすめ記事

「ガンバ大阪 + 宮本 恒靖」のおすすめ記事をもっと見る

「ガンバ大阪 + 遠藤保仁」のおすすめ記事

「ガンバ大阪 + 遠藤保仁」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「セレッソ大阪」のニュース

次に読みたい関連記事「セレッソ大阪」のニュースをもっと見る

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月25日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. ガンバ大阪 井手口陽介
  2. ガンバ大阪 倉田秋
  3. ガンバ大阪 宮本 恒靖

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。