板倉滉の心は折れない。「使ってくれ」と監督にしっかり自己主張

 今季のオランダリーグで、板倉滉は開幕から16試合連続フル出場を果たしていた。専門誌『フットボール・インターナショナル』が選ぶシーズン前半戦のベストレイレブンのセンターバック部門では、アヤックス勢のデイリー・ブリント、ジョエル・フェルトマンに次ぐ3位。まさに「ブレーク近し」の感もあった。

板倉滉の心は折れない。「使ってくれ」と監督にしっかり自己主張

VVV戦では久々にスタメンで出場した板倉滉

 だが、第17節のADOデン・ハーグ戦でスタメンから外れてしまうと、その後は極端に出場機会が減ってしまい、2020年に入っても第19節から3週続けてベンチに座ったままだった。この間、板倉の主戦場はリザーブリーグだった。

 そんな不遇の時を過ごしていたが、2月8日のフィテッセ戦(第22節/1-0で勝利)の89分から守備固めでボランチに入ると、16日のスパルタ戦(第23節/2-1で勝利)ではチームメイトの負傷もあって、44分からセンターバックとしてプレーした。

 そしてついに、23日のVVVフェンロ戦(第24節)ではミケ・テ・ウィーリクの出場停止処分によって、久しぶりにフル出場を果たした。持ち味のパスデリバリーではミスもあったが、守備では固いところを見せつけ、87分にGKのミスさえなければクリーンシートを達成できるはずだった。結局、試合は0-1で敗れてしまった。


「久々にスタメンで出たので、とにかく勝利だけを求めていた。正直、内容はどうでもよかった。最後に勝って終わる気持ちで試合に入っていたので悔しいです」

 試合を終えて、板倉は険しい表情で語った。

「この状況を変えるには、勝つしかなかった。とにかく、結果だけを求めていた。もちろん、結果を出すためにはいいプレーをしないといけませんが、そんなの関係なしに、ただ勝つことだけを意識していたので。次、どうなるか全然わからないから、気を引き締めて、またしっかりやる必要がある」

 このVVV戦で板倉とセンターバックを務めたサミール・メミシェヴィッチは、リザーブチームで一緒にコンビを組んでいたDFだった。

 まだ中国の移籍市場が開いているため、メミシェヴィッチにとってVVV戦は「フローニンゲンでの最後の試合になるかもしれない」と報道されているが、この交渉が始まった頃から彼も出場機会を失ってしまった。いずれにしても、板倉にとってリザーブチームでプレーした3試合は、試合勘の維持につながったという。


あわせて読みたい

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月26日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。