南野拓実がクロップ監督からの信頼の言葉に感謝「本当にうれしかった」

 リバプールが国内リーグの連勝記録を「18」に伸ばした。

 2月24日に行なわれたウェストハム・ユナイテッド戦を3−2で勝利し、30年ぶりとなる悲願のリーグ優勝にまた一歩近づいた。本拠地アンフィールドでは、これで21連勝。1972年にリバプールが達成した国内トップリーグでのホーム連勝記録に並んだ。

南野拓実がクロップ監督からの信頼の言葉に感謝「本当にうれしかった」

笑顔を見せながらチームメイトとアップする南野拓実

 とはいえ、試合では大苦戦を強いられた。

 相手は下位に沈むウェストハム。4−4−1−1を採用したデビッド・モイーズ監督は自陣深い位置で守備を固め、リバプールの攻撃が生きるスペースを徹底的に打ち消した。本職が守備的MFのマーク・ノーブルをトップ下で起用したり、時間帯によってサイドMFが最終ラインまで戻って6バックに変形したりと、とにかくディフェンス重視で戦った。

 それでも、相手が下位のウェストハムだったせいか、熱狂的なファンが集まるゴール裏のKOPスタンドは前半、普段よりも静かだった。前半は淡々と進んでいったが、後半9分にワンチャンスをモノにしたウェストハムに逆転ゴールを許すと、ここからアンフィールドの住民たちの声量は一気に跳ね上がった。


 彼らの声援に押されるように、後半23分には相手GKの捕球ミスというラッキーな形で同点。さらに後半36分には、FWサディオ・マネが決勝ゴールを叩き込んだ。

 最後はCBジョエル・マティップの投入(後半45+1分)で高さを注入し、4−3−3の形を維持したまま試合終了のホイッスルを聞いた。一時は「今季リーグ初黒星か」と思ったが、3−2の逆転勝ちで勝ち点3ポイントを掴んだ。

 そして、アトレティコ・マドリードとのCL決勝トーナメント1回戦・第1レグ(2月18日)から公式戦2試合連続でベンチスタートとなった南野拓実に、最後まで出番は訪れなかった。

 結果、公式戦4試合で出場機会がない。南野がピッチに立ったのは、3週間以上前のサウサンプトン戦(2月1日)が最後だ。年末年始に故障した選手たちが代わる代わる復帰してきた今、日本代表MFは我慢の時が続いている。

 それでも、クラブの期待感は変わっていない。ウェストハム戦で販売されたマッチプログラムでは、南野のインタビューが4ページにわたって掲載された。25歳のアタッカーは、リバプールでの課題やイングランドのサッカースタイル、自身のプレー位置などについて、次のように語った。


あわせて読みたい

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「南野拓実 + 移籍」のおすすめ記事

「南野拓実 + 移籍」のおすすめ記事をもっと見る

「南野拓実 + 日本代表」のおすすめ記事

「南野拓実 + 日本代表」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「岡崎慎司」のニュース

次に読みたい関連記事「岡崎慎司」のニュースをもっと見る

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月27日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. 南野拓実 Instagram
  2. 南野拓実 年俸
  3. 南野拓実 日本代表

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。