松島幸太郎、渡仏の理由と日本代表への思い「世界で通用する選手になるため」

 ラグビー日本代表が誇る快足ランナー、松島幸太朗——。

 現在はサントリーサンゴリアスの一員としてトップリーグでプレーしているが、「自分のスタンダードを下げず、厳しい環境に身を置きたい」と、今夏からのフランス挑戦を決めた。

松島幸太郎、渡仏の理由と日本代表への思い「世界で通用する選手になるため」

松島幸太朗がいよいよフランスリーグに挑戦する

 WTB(ウィング)やFB(フルバック)のポジションを務める松島は、スーパーラグビーで3チームに在籍し、2017−18シーズンにはトップリーグMVPにも輝いた。過去2大会のワールドカップでは9試合すべてに先発し、ロシア戦では日本代表として初めてハットトリックも達成している。

 次のワールドカップに向けてモチベーションを高めるため、さらに険しい環境でプレーしたいと思うのは自然な欲求なのだろう。

 松島と並ぶ「ダブルフェラーリ」の相方WTB福岡堅樹(パナソニック)のように、セブンズ(7人制ラグビー)で東京五輪にチャレンジすることにも「興味はあった」と話す。

 ただ、「過去にほとんど(セブンズは)やったことがない」というように、現実的な選択肢ではなかった。「時期もかぶっていたし、タイミングもある」。松島は15人制ラグビーでの海外移籍を選んだ。


 今夏から2シーズン在籍することになるチームは、フランスのプロリーグ「トップ14」に所属するASMクレルモン・オーヴェルニュ(クレルモン)だ。

「サントリーのように、キックよりもパスが多いチームがいい」

 クレルモンへの移籍を決めた理由を、松島はこう語る。また、2023年ワールドカップがフランスで行なわれることを考えれば、松島がフランスでプレーすることは日本代表にとってもプラスとなるだろう。

 クレルモンは1911年、世界的なタイヤメーカー「ミシュラン」のラグビークラブとして誕生した歴史を持つ。リーグ戦での優勝は2回、欧州カップ戦でも3度の準優勝を誇る、フランスの強豪クラブのひとつだ。かつて、日本代表WTB大畑大介が挑戦したクラブとしても知られる。

 ジンバブエ人の父と日本人の母の間に生まれた松島の目は、常に海外を向いていた。桐蔭学園高で花園を制した松島は、「スーパーラグビーでプレーしたい」と大学に進学せず、南アフリカのシャークスアカデミーなどで3年間研鑽を積んだ。トップチームにこそ上がることはできなかったが、U20南アフリカ代表候補の合宿メンバーに選出されるなど、異国の地で大きな成長を遂げた。


あわせて読みたい

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「ラグビー + W杯」のおすすめ記事

「ラグビー + W杯」のおすすめ記事をもっと見る

「ラグビー + 日本代表」のおすすめ記事

「ラグビー + 日本代表」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「カーリング」のニュース

次に読みたい関連記事「カーリング」のニュースをもっと見る

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月28日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

  1. ラグビー W杯
  2. ラグビー 日本代表

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。