久保建英、存在感示すも勝利は遠く。マジョルカの残留に必要なものは?

       

 3月1日、久保建英を擁するマジョルカは、本拠地ソン・モイスでヘタフェと戦い、0-1とあえなく敗れている。

「シュートを打たなきゃ、勝てるはずがない!」

 現地の『ディアリオ・デ・マジョルカ』紙は、そう見出しを打った。かなり辛辣な言い回しだが、シュートはわずか4本で、枠内に飛んだのは1本のみ。唯一、勝ち点を稼げていたホーム(ホームは6勝2分け6敗、アウェーは0勝2分け10敗)で後手を踏む戦いをしてしまったことを、心から嘆いているのだ。

 マジョルカは降格圏から抜け出せず、20チーム中18位と低迷している。残り12試合、久保はマジョルカを1部に残留させることができるのか?

久保建英、存在感示すも勝利は遠く。マジョルカの残留に必要なものは?

ヘタフェ戦にフル出場した久保建英だが、マジョルカは0-1で敗れた

 ヘタフェ戦、久保は4-1-4-1(後半途中から4-4-2)の右サイドでプレーしている。

 反則ギリギリの際どいチャージを見せる相手にも、少しも怯んでいない。味方のパスを集め、チームにとって最大の攻め手になっていた。走力の高いコートジボワール人FWラゴ・ジュニオールに対しては、何度も絶妙のスルーパスも出している。また守備でも、ディフェンスが得意ではない右サイドバック、アレハンドロ・ポゾを援護していた。相手から力強くボールを奪い、カウンターを発動するシーンもあった。

 そして終盤、久保は存在感を示した。

 左サイドからのFKで、キッカーがボールを中央に放り込まず、久保は足元でパスを受けている。技術の高さが信頼されている証拠だろう。1対1の勝負を果敢に挑んだ久保は、抜け切ってファウルで止められた、と思われた。結果、久保のファウルという判定となったのだが、これに怒ったベンチがイエローカードを提示されている。ゴールにはつながらなかったが、チームをけん引する久保の立場を象徴していた。

 もっとも、日本人FWはチームを救うほどのプレーはできなかった。スペイン大手スポーツ紙『マルカ』は、0(最低)~3(最高)の4段階の評価で1。「可」の評価だが、「不可」ではないと言ったところか。

 一方、もうひとつの大手スポーツ紙『アス』は久保のプレーを評価する記述をしている。

「マジョルカは、(アンテ・)ブディミルの欠場で前線が不発。クチョ(・エルナンデス)は(デコナン・)ジェネに屈し、ラゴはプレーが不明瞭で、サルバ・セビージャは輝かず、ダニ・ロドリゲスはスペースに走るので精一杯だった。唯一できたのは、久保に主役の座を与えることだ。彼は何度か目覚ましいプレーを見せた。しかし、相手GKを脅かすには至っていない」


あわせて読みたい

久保建英のプロフィールを見る
webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「久保建英 + バルセロナ」のおすすめ記事

「久保建英 + バルセロナ」のおすすめ記事をもっと見る

「久保建英 + U-20ワールドカップ」のおすすめ記事

「久保建英 + U-20ワールドカップ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「フェルナンド・トーレス」のニュース

次に読みたい関連記事「フェルナンド・トーレス」のニュースをもっと見る

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月3日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. 久保建英 U-20ワールドカップ
  2. 久保建英 バルセロナ

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。