【木村和久連載】日本の男子ツアーはどうやったら面白くできるのか

(4)相当変わったことをすべき
 たとえばですが、このショートホールだけは、ギャラリーも騒いでいいし、カメラのフラッシュもたいていいとかね。人気を得るには、そういうことも「仕方のないことだ」と諦めて、実践してみてはいかがでしょう。

 思えば、昨秋のZOZOチャンピオンシップで、タイガー・ウッズのプレーを見に行きましたけど、みなさん、ほとんどフライング気味に騒いでいましたよ。

 タイガーに対する声援って、他の選手とは10倍ぐらいの違いがあります。その絶叫のなかで優勝するんですから、並大抵の精神力じゃありません。

【木村和久連載】日本の男子ツアーはどうやったら面白くできるのか

こんな賑やかな状況でもプレーできるようになれば、相当すごいですが...

 渋野日向子選手じゃないけど、男子プロももっとギャラリーを味方につけないと。ストロボが眩しいとか言っているうちは、一流のプロじゃないです。

 武道館のステージだって、照明で何も見えないなか、1万人を相手に歌うわけでしょ。スターなんだから、その特殊な環境に酔いしれないと。

 選ばれし人しか見ることのできない”てっぺん”という世界。プロが競い合う舞台は、そういうところです。その頂きにようやくたどり着いたのに、「ギャラリーがうるさい」と言ったら、小物以外の何物でもないでしょ。

 そういえば、初めてマスターズに出場した某日本人選手が、「ギャラリーに(ボールが)当たったらどうしよう。ドキドキして、第1打は頭の中が真っ白でした」とコメントしていました。

 どんな状況にあっても、実力を発揮できる――それが、”てっぺん”を極める人なんだと思うんですよね。

あわせて読みたい

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月5日のゴルフ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。