フェンシング太田雄貴、北京五輪銀メダルの裏にあった「背水の陣」

フェンシング太田雄貴、北京五輪銀メダルの裏にあった「背水の陣」
拡大する(全2枚)

PLAYBACK! オリンピック名勝負―――蘇る記憶 第22回

いよいよ今年7月に開幕する東京オリンピック。スポーツファンの興奮と感動を生み出す祭典が待ち遠しい。この連載では、テレビにかじりついて応援した、あの時の名シーン、名勝負を振り返ります。

◆ ◆ ◆

 2008年北京五輪は、日本フェンシング界の歴史に大きな足跡を記す大会になった。男子フルーレ個人で、太田雄貴が銀メダル獲得という快挙を達成したのだ。

フェンシング太田雄貴、北京五輪銀メダルの裏にあった「背水...の画像はこちら >>

北京五輪フェンシング男子フルーレ個人で、銀メダルを獲得した太田雄貴

 太田は、高校2年生だった02年に全日本選手権を制して史上最年少優勝記録を更新。18歳の04年にはアテネ五輪に出場して、ベスト16に進出し9位になると、翌05年には世界ジュニアで3位を獲得した。06年アジア大会では、準決勝で前年世界選手権2位の張亮亮(中国)を破る大金星を挙げて優勝を果たし、前年は25位だった世界ランキングを一気に7位まで上げる急成長を見せていた。

 03年からヘッドコーチに就任したウクライナ人のオレグ・マチェイチュクの指導により、チーム力が上がった日本男子チームは、北京五輪シーズンでは団体でも世界ランキングを5位に上げる勢いを見せていた。だが、五輪のフェンシング競技は、男女各6種目(フルーレ、エペ、サーブルのそれぞれ団体/個人)のうち実施されるのはそれぞれ5種目。北京五輪では、男子フルーレと女子エペで団体競技が行なわれず、個人戦のみと無念な状況だった。


この記事の画像

「フェンシング太田雄貴、北京五輪銀メダルの裏にあった「背水の陣」」の画像1 「フェンシング太田雄貴、北京五輪銀メダルの裏にあった「背水の陣」」の画像2

当時の記事を読む

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「オリンピック」に関する記事

「オリンピック」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「オリンピック」の記事

次に読みたい「オリンピック」の記事をもっと見る

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月5日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。