テニス界のお騒がせレジェンド、ベッカーが語る錦織圭と大坂なおみの力

 2月中旬に開催された世界的スポーツアワード「ローレウス・ワールド・スポーツ・アワード2020」。その会場に各スポーツ界で輝かしい結果を残した往年の選手たちが集まった。今回はそのなかの一人、伝説のプロテニスプレーヤー、ボリス・ベッカー氏に話を聞いた。

テニス界のお騒がせレジェンド、ベッカーが語る錦織圭と大坂なおみの力

大坂なおみ錦織圭の現状を詳細に把握していたベッカー

 ローレウス・ワールド・スポーツ・アワード2020の開催地はドイツ・ベルリンだった。ドイツといえばサッカーのブンデスリーガで多くの日本人が活躍していることもありサッカー大国のイメージも強い。

 だが、かつてはテニスでも数々の名選手を輩出しており、80~90年代は黄金時代と呼ばれている。最も知られている女子選手はグランドスラム優勝22回のシュテフィ・グラフであり、男子では85年に史上最年少の17歳でウィンブルドン優勝を果たしたボリス・ベッカーだ。

 アワード前日に行なわれたメディア・セッションで、ローレウスのアカデミーメンバーであるベッカーは、だれよりも多くのメディアに囲まれていた。現在、特にドイツ国内では彼は波乱の私生活で注目を集めている(※)が、テニス界の重鎮でありその言葉には重みがある。現役の日本選手についても多くのことを話してくれた。
※2017年6月に自己破産宣告を受けた

 なかでも、今回の最優秀女子選手部門にノミネートされていた大坂なおみについては特に注目しているようだった。

「1年前のメルボルンで、彼女は本当にスーパースターだった」

 19年1月、全豪オープンでの初優勝について、まずベッカーは触れた。

「そのままトップに居続けると期待されていたんだけどね。(その後の低迷について)何が起きたのかはわからないし、彼女にしかわからないことなんだと思う。今年1月の全豪オープンテニスでは、コリ・ガウフに残念な負け方をしてしまった。彼女に何が起きているのか、ちょっとわからないよ」

 今年の全豪では昨年とうって変わって、3回戦でガウフにストレート負け。ガウフはこの時点でまだ15歳でノーシードだった。4カ月前の19年9月に全米オープンでも両者は対決しており、この時は大坂が快勝。試合後のインタビューを「共に行なおう」と大坂がガウフに提案したエピソードが有名だ。とはいえ、前回大会王者が3回戦で敗れる相手ではなかったのだ。

 今年の大坂にはどんな問題があったのだろうか。

「テニスというのは複雑なスポーツだ。スキルが必要なのは当然だけど、プレッシャーや期待に苦しむこともある。でも彼女はもっと強い選手なので、必ずカムバックすると思う」


あわせて読みたい

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「錦織圭 + twitter」のおすすめ記事

「錦織圭 + twitter」のおすすめ記事をもっと見る

「錦織圭 + 全米オープン」のおすすめ記事

「錦織圭 + 全米オープン」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「大坂なおみ」のニュース

次に読みたい関連記事「大坂なおみ」のニュースをもっと見る

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月5日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

  1. 錦織圭 Instagram
  2. 錦織圭 twitter
  3. 錦織圭 ウィンブルドン

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。