なでしこジャパン最大の危機。衝突するくらいの意見交換が必要だ

なでしこジャパン最大の危機。衝突するくらいの意見交換が必要だ

 かつてこれほどまでに危機感を覚えた試合はあっただろうか――。

 シービリーブスカップ(SheBelieves Cup/アメリカ開催)の初戦で、日本はスペインに1-3と完敗を喫した。衝撃的なのは、スコアではなくその試合内容だ。不用意なパスミスによる失点と、その時間帯の悪さや球際の弱さ、連動性の消失……。マイナス要素を数え上げればキリがないが、重症なのは、戦術云々以前のベースにあるように見えた。

なでしこジャパン最大の危機。衝突するくらいの意見交換が必要だの画像はこちら >>


 日本は、ボールを持っている選手に素早くチェックが入るスペインのプレスを前に、スタートからあっけなく飲み込まれ、最初の失点も8分と早かった。スペインの強力な右サイド攻撃という”十八番”で先制点を献上し、序盤から相手に勢いを与えるには、これ以上ないお膳立てをしてしまった。

 スペインの最大の売り攻撃に対して、日本の左サイドバックはまだポジション経験値の浅い遠藤純(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)だった。試合前から狙われるのではないかという懸念はあった。実際、最初の右サイド攻撃からスコアを許し、その後、気をよくしたスペインは、前半だけで4度、遠藤を揺さぶって好機を作った。

 確かに遠藤の経験不足からくる判断のマズさもあったが、それ以上に全体を通して、「遠藤サイドを相手に使わせない動き」が見られなかったことが大問題だ。いろいろ改善を試みてはいたものの、一切実を結ばなかった。

 世界大会ともなれば、相手の攻撃時、かなりの確率で日本のボランチはアンカーに遭遇し、そのアンカーをケアしようとすればするほど、ボランチのポジションが下がり、対峙する人数にギャップが生じてしまう。この現象は今に始まったことではないにも関わらず、オリンピック前哨戦とも位置づけられるこの大会で、世界の強豪と初対戦したかのような脆弱さに、高倉ジャパン始まって以来最大の危機感を感じた。

 そこで打開策となってくるのが、三浦成美(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)と杉田妃和(ひな/INAC神戸レオネッサ)が担ったボランチの役割だ。だが、実際には、アンカーのビルヒニア・トレシージャを止めることも、コースを限定することもできず、スルリと交わされて自由に配球された。


当時の記事を読む

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「なでしこジャパン」に関する記事

「なでしこジャパン」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「なでしこジャパン」の記事

次に読みたい「なでしこジャパン」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月8日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. なでしこジャパン メンバー
  2. なでしこジャパン 監督
  3. なでしこジャパン 試合

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。