吉田麻也がセリエAデビュー戦後、サポーターの心をつかんだひと言

 1月末にサンプドリアにサプライズ移籍してきて以来、1カ月と8日。ついに吉田麻也がセリエAデビューを果たした。

吉田麻也がセリエAデビュー戦後、サポーターの心をつかんだひと言

ヴェローナ戦でセリエAデビューを飾った吉田麻也(サンプドリア)

 ここまでたどり着くにはかなりの紆余曲折があった。移籍後すぐにプレーするのではと言われていたが、最初のナポリ戦(2月4日)はベンチ外。続くトリノ戦(2月9日)、フィオレンティーナ戦(2月16日)はベンチには入ったものの出番なし。そしていよいよインテル戦(2月23日)で、サンシーロという大舞台でデビューとなるはずだったが、試合は新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期された。さらにヴェローナ戦(3月1日)ではスタメンに名前を連ねていたものの、1週間の延期となってしまった。

 3月8日、待ちに待ったデビューは延期されたヴェローナ戦だった。実はこの試合も、最後の最後まで開催が危ぶまれていた。選手や監督たちは、同じ日の12時30分(サンプドリア戦は3時開始)に予定されていたパルマ対SPAL戦のキックオフの知らせを聞いて、初めてこの日のプレーを確信したという。

 この日、吉田はスタメンとしてピッチに立ったが、その風景はいつもの試合とは違っていた。イタリアでは北部を中心に新型コロナウイルスの感染者が急増し、現在は7000人を超えている(3月9日現在)。そのため、すべてのサッカーの試合は無観客で行なわれることになったのだ。せっかくのホームデビューであったにもかかわらず、ピッチに響くのは選手の声とボールを蹴る音だけだった。

 しかし、こうした数々のアクシデントも、吉田はポジティブにとらえている。

「この1カ月は僕にとってはプレシーズンのようだった」

 試合後、サンプドリアがアップしたインタビュー動画で、吉田はそう語っている。

「おかげで今日の試合を十分に準備して迎えることができたし、ほかの選手のこともよく知ることができた」

 たしかにこの日の吉田は、とてもセリエAが初めてとは思えない落ち着いたプレーを見せていた。CBでコンビを組むロレンツォ・トネッリともよく息が合っていた。練習もみっちりできたのか、昨年11月から公式戦に出ていなかったようには見えなかった。


あわせて読みたい

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「吉田麻也 + 年俸」のおすすめ記事

「吉田麻也 + 年俸」のおすすめ記事をもっと見る

「吉田麻也 + twitter」のおすすめ記事

「吉田麻也 + twitter」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「長友佑都」のニュース

次に読みたい関連記事「長友佑都」のニュースをもっと見る

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月10日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. 吉田麻也 Instagram
  2. 吉田麻也 twitter
  3. 吉田麻也 サウサンプトン

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。