「どん底まで落ちた」土性沙羅が勝者。敗者・森川は伊調馨に肩を抱かれた

 3月8日、東京・味の素ナショナルトレーニングセンターのレスリング場にて、東京オリンピック代表選考会が行なわれた。

「どん底まで落ちた」土性沙羅が勝者。敗者・森川は伊調馨に肩を抱かれた

ケガを乗り越えて東京五輪の切符を掴んだ土性沙羅

 今回のプレーオフは、昨年9月の世界選手権で日本がオリンピック出場権を獲得した階級で、代表選手が決まっていない女子68キロ級と男子フリースタイル74キロ級の計2試合。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で原則非公開とされ、会場への立ち入りは出場選手、セコンド、練習パートナー、協会関係者ら約60名のみ。試合会場での取材もテレビ局1社、通信社2社に限られた。

 試合の模様は、日本レスリング協会がSNSでライブ配信を実施。試合後、報道陣への会見は隣接する味の素フィールド西が丘で、全員マスク着用、選手から2メートル離れて行なうという異様な雰囲気のなか、2試合とも白熱した一騎打ちとなった。

 女子68キロ級は、リオデジャネイロオリンピック金メダリストの土性沙羅(東新住建)と、20歳の新鋭・森川美和(日体大)が対決。

 16歳で全日本選抜選手権を初めて制した土性は、21歳でオリンピック金メダルを獲得。2017年もアジア選手権と世界選手権で優勝し、吉田沙保里伊調馨(ALSOK)の跡を継ぐエースとして日本女子レスリングをリードしてきた。

 だが2018年、日本で行なわれたワールドカップ国別団体戦で左肩を負傷。手術後は復活を果たし、2018年全日本選手権、2019年全日本選抜選手権を制したものの、吉田沙保里の父・栄勝直伝の鋭いタックルは影を潜めるようになった。

 2019年9月の世界選手権では、オリンピック出場権は死守したものの、まさかの5位。12月の全日本選手権でも準決勝で森川に2-9という大敗を喫してしまった。

「どん底まで落ちた」

 そう語っていた土性だったが、今回のプレーオフは左肩に加え、全日本選手権で負傷した左ひざに痛み止めの注射を打っての出場となった。だが、「自分で取ってきた枠を、ほかの人に渡してなるものか。死にもの狂いで練習してきました。人生をかけて戦います」と、気合十分で試合に臨んだ。


あわせて読みたい

伊調馨のプロフィールを見る
webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「伊調馨 + 結婚」のおすすめ記事

「伊調馨 + 結婚」のおすすめ記事をもっと見る

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月10日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

  1. 伊調馨 結婚

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。