なでしこジャパン、パスミスでまた負けた。つなぐだけでいいのか?

なでしこジャパン、パスミスでまた負けた。つなぐだけでいいのか?
       

 ベストメンバーで臨みながら、シービリーブスカップ(SheBelieves Cup/アメリカ開催)の初戦、スペイン戦は不甲斐ない惨敗に終わったなでしこジャパン。浮上のきっかけが欲しい第2戦の相手は、昨年のワールドカップで負けているイングランドだった。

なでしこジャパン、パスミスでまた負けた。つなぐだけでいい...の画像はこちら >>

イングランド戦で念願のセンターバックを組んだ土光真代(左)と三宅史織

 自信を取り戻すような内容と、あわよくば苦手なイングランドに勝利することを願い臨んだ試合――。しかし、またしても軍配はイングランドに上がった。

 日本は初戦からメンバーを6枚代えたことで、守備意識がめざましく改善された。岩渕真奈、田中美南(ともにINAC神戸レオネッサ)の、前線のプレスからスイッチが入ると、「出足のタイミングを早める意識をした」と言う杉田妃和(ひな/INAC神戸レオネッサ)、三浦成美(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)らが中盤でしっかりとボールに寄せていき、サイドハーフ、最終ラインもそれに応えるように連動できていた。

 この連動を支えていたのが、土光真代(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)と三宅史織(INAC神戸レオネッサ)のセンターバック(CB)コンビだ。これまでは、どちらか一方が起用されることはあっても、公式戦でコンビを組むのは初。2人にとっては待ちに待った舞台だった。

 土光と三宅の名前が初めて並んだのは2011年のAFC U-16女子選手権。この年、なでしこジャパンがドイツW杯で世界一に輝いたことは、高校生の彼女たちに未来に向けての十分なエネルギーを与えた。ただ、この時は2人の競演はなかった。

「ずっと一緒に(試合に)出たいねって言っていました」(土光)

 昨年末のEAFF E-1サッカー選手権で、久しぶりに代表で2人が揃った。しかし「今回は可能性あるかなって思っていたんですけど……」と、三宅は期待していたが土光のケガによる離脱で断念。そして、ようやく巡ってきた機会が今回のイングランド戦だった。

 2人は攻撃的感覚がよく似ているため、ベンチから戦況を見守る時に「自分たちならこうする」と、話し合っていたという。

「特にラインコントロールに関しては、真代(土光)と感覚が似ていて話が合う。それをいつかチーム(なでしこ)に還元したいと思っているんです」と語っていた三宅。その言葉どおり、イングランド戦で2人が見せたラインコントロールはかなり強気なものだった。


当時の記事を読む

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「なでしこジャパン」に関する記事

「なでしこジャパン」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「なでしこジャパン」の記事

次に読みたい「なでしこジャパン」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月11日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. なでしこジャパン メンバー
  2. なでしこジャパン 監督
  3. なでしこジャパン 試合

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。