なでしこジャパン、パスミスでまた負けた。つなぐだけでいいのか?

 初戦でスペインには、サイド奥のスペースをロングボールで使われ放題だった。イングランドの左右両サイドはスペインと同等か、それ以上のスピードを持っている。背後を取られれば即アウトだ。

 そのリスクを承知のうえで、初戦よりさらに高い位置にラインを上げた。その結果、形勢逆転を許しそうなロングボールをことごとくオフサイドトラップで潰していくことができた。その数6回。真っ向勝負では逆を取られる場面もあっただけに、前半はとくに、このラインコントロールに助けられる場面が多かった。

「(裏に)蹴られたくないっていうのを考えたら、一番は引くこと。スペースを与えないのがいいと思うんですけど、それが攻撃につながるかって言ったら、ボールを取る位置も後ろになっちゃいますし、自分たちは前から行きたかった」と土光はライン設定の覚悟を語った。

 ただ、それが生きたのは、後半にイングランドが攻撃で本気のスイッチを入れるまでだった。

 前半のイングランドは、初戦アメリカ戦のベストメンバーから6名も入れ替えていた。そして、60分にカードを3枚切って日本のサイドを揺さぶると、残り20分になろうかというところで絶対的エース、エレン・トニ・ホワイトを投入して仕掛けてきた。

 ここで守り切れて初めて、土光と三宅のチャレンジが実を結ぶ踏ん張りどころだった。しかし、序盤からのアップダウンで疲労はピークに達していた。なんとかしのいでいたものの、三宅のパスミスからホワイトにゴールを献上してしまう。残り8分だった。

 試合終了後のピッチで、三宅は悔し涙を止めることができなかった。チームメイトたちが励ましの声をかけるが、おそらく耳には入っていない。初戦に続いて、自らのパスミスが失点につながってしまった。

「自分のミスで負けてしまったことが一番悔しいです……」(三宅)

 何より、三宅がこの試合で証明したかったのは「球際の部分で戦えているか。そこをしっかりやって、細かいラインコントロールをやればこれだけできるんだ」(三宅)ということを見せることだった。それをたった1本のミスパスで台無しにしてしまった。その痛みは察するに余りある。

 土光もまた、三宅と同じ痛みを感じているようだった。「自分たち(土光と三宅)は蹴らないでつなぐっていうのが持ち味なので……。難しいですけど、あのボールを蹴っていたら、よかったのかって話になるとそれも違うかなと思うんです」と表情を曇らせた。


当時の記事を読む

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「なでしこジャパン」に関する記事

「なでしこジャパン」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「なでしこジャパン」の記事

次に読みたい「なでしこジャパン」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月11日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. なでしこジャパン メンバー
  2. なでしこジャパン 監督
  3. なでしこジャパン 試合

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。