なでしこジャパン、パスミスでまた負けた。つなぐだけでいいのか?

 ラスト10分は体力的にもキツかった。相手はフレッシュな主力。スコアレスの状況で、残り時間をチームとしてどう戦うのかも曖昧だった。

「リスク管理をしながら、やり続けたい」と、土光は言葉を選びながらも、試合前に2人で決意したビルドアップの形を続けると言い切った。それが彼女たちの特長であり、それを失わずに、改善していく道はあるはずだ。ベストメンバーではないイングランドが相手であったとしても、土光と三宅が示した守備は一定の効果を生んでいた。

 最終ラインからのビルドアップに着手したワールドカップ後から約半年。相手も当然分析をしてくる。日本の攻撃の起点を狙ってプレッシャーをかけてきていることは明らかだ。そして、こうした圧力に負ければ即失点につながることは今大会で嫌というほど思い知らされた。

 熊谷紗希(オリンピック・リヨン)や、南萌華(浦和レッズレディース)しかり、CBは一様に同じようなパスミスでこれまでもピンチを招いている。この事実は重い。

 このまま最終ラインからのビルドアップを軸にしていくのであれば、ボランチを含めたリスク管理を徹底しない限り、今後も同様の失点は繰り返されるだろう。これは個ではなくチームとして向き合うべき問題だ。

 今大会、残るはアメリカ戦。最後になでしこの意地を見たい。

当時の記事を読む

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「なでしこジャパン」に関する記事

「なでしこジャパン」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「なでしこジャパン」の記事

次に読みたい「なでしこジャパン」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月11日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. なでしこジャパン メンバー
  2. なでしこジャパン 監督
  3. なでしこジャパン 試合

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。