桃田賢斗、現状は3割程度の動き。逆境からの金メダル獲得なるか

桃田賢斗、現状は3割程度の動き。逆境からの金メダル獲得なるか
拡大する(全1枚)

 桃田賢斗は、東京五輪までに本調子に戻るのか。多くの関心が寄せられている。

桃田賢斗、現状は3割程度の動き。逆境からの金メダル獲得なるか...の画像はこちら >>

3月6日、交通事故後初めての記者会見をした桃田賢斗

 バドミントン男子シングルス世界ランク1位の桃田(NTT東日本)は、昨季、世界選手権を2連覇。BWF(国際バドミントン連盟)の表彰で年間最優秀選手に選出されるなど、輝かしい成績を挙げてきた。東京五輪において、全競技を通じて高い確率で金メダル獲得を期待できる、注目選手として知られるようになった。

 ところが、今年1月にマレーシアで行なわれた大会で優勝した翌日、帰国のために現地の空港へ向かう途中で交通事故に遭った。その後、右目の眼窩底骨折が判明して2月8日に手術を行ない、全治3カ月。長期の戦線離脱を強いられた。

 実戦に復帰できるのは、早くても5月。予定どおりでも、そこからわずか2カ月ほどで東京五輪が開催される。復調が間に合うかどうかは、東京五輪を楽しみにしている日本のスポーツファンのみならず、世界中のバドミントン関係者の関心となっている。

 3月6日に都内で行なわれた記者会見で、手術前に物が二重に見えていた現象が解消していることや、シャトルを打つ感覚に問題がないことなどを桃田自らが語ったが、実際の動きは近しい関係者しか確認していない。会見ではリラックスした表情を見せていたが、右目の涙袋には、手術痕も残っており、あっという間に元どおりというわけにはいかない。

 2月29日にようやく所属チームの練習に合流し、身体を動かせるようになったばかり。本人もまだ試合を行なえる状況でないことは明言した。29日から3日間ほどチーム練習に参加して、桃田の状態を確認した日本代表の中西洋介男子シングルス担当コーチは、こう話した。

「まだ(目に)圧力がかかる動きはできないので、軽く流すような、身体をほぐすようなメニューが中心でした。今は、3割くらいの動き。まだ、全体練習に復帰するには、時間がかかりそうだなという印象です。3月中は、同じような調整が続くのではないかと思います。感覚は、そんなに落ちないと思うので、まずは、試合の体力や筋持久力を戻していくこと。どこまで戻るかが心配」


編集部おすすめ

当時の記事を読む

桃田賢斗のプロフィールを見る
webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「桃田賢斗」に関する記事

「桃田賢斗」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「桃田賢斗」の記事

次に読みたい「桃田賢斗」の記事をもっと見る

スポーツ総合ニュースランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク