ネイマールが守備に奔走で味方が拍手。PSG今季ベストマッチで8強

 無観客で行なわれたチャンピオンズリーグ(CL)のラウンド16第2戦「パリ・サンジェルマン対ドルトムント」は、ネイマールとフアン・ベルナトのゴールにより、2−0でPSGが勝利。これにより、トータルスコアを3−2としたPSGが4シーズンぶりにベスト8進出を果たした。

ネイマールが守備に奔走で味方が拍手。PSG今季ベストマッチで8強

歓喜のあまり涙を流すネイマール

 ボール支配率は50%対50%、シュート数はPSGが9本(枠内4本)でドルトムントが12本(枠内2本)、パス本数はPSGが519本(成功率87%)でドルトムントが612本(成功率81%)、走行距離ではPSGの108.322kmに対してドルトムントが108.623km——。

 これらのスタッツが示すとおり、スコアだけを見ればPSGの順当勝ちに見えるこの試合は、実は内容的にはほぼ互角の戦いだった。

 では、そんな拮抗した試合で最後に笑ったPSGの勝因は、どこにあったのか?

 おそらくその答えは、試合終了と同時に両足を痙攣させてしまったエディンソン・カバーニと、歓喜のあまり涙を流したネイマールの姿に集約できる。


 この試合でカバーニが記録した走行距離は、両チームトップとなる11.97km。

 2トップの1角としてプレーしながらシュートがわずか1本に終わったカバーニではあるが、この試合においては守備面で大きく貢献。ファーストディフェンダーとしてだけでなく、ネイマールが攻め残りする場面では、それによって生まれる中盤のスペースを埋めるという重責を果たしていた。

 クラブ歴代トップの200ゴールを記録するカバーニが、チャンピオンズリーグ(CL)のノックアウトステージのようなハイレベルな相手との試合で不可欠な戦力であることを、あらためて証明した格好だ。

 同じくチーム3番目の走行距離(10.47km)をマークしたネイマールも、この試合では普段とは比べものにならないほど、必死になって守備に奔走した。

 ネイマールが献身的にディフェンスするたびにベンチから沸いた拍手は、チームをひとつにし、全体の士気を高める効果もあった。そのことは、前半28分のダイビングヘッドで決めた先制ゴール以上に、クローズアップされてしかるべきポイントと言っても過言ではないだろう。


あわせて読みたい

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「ネイマール + 結婚」のおすすめ記事

「ネイマール + 結婚」のおすすめ記事をもっと見る

「ネイマール + Instagram」のおすすめ記事

「ネイマール + Instagram」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「メッシ」のニュース

次に読みたい関連記事「メッシ」のニュースをもっと見る

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月13日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. ネイマール Instagram
  2. ネイマール パリ・サンジェルマン
  3. ネイマール ブラジル代表

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。