「本田圭佑とユニを交換した」。対戦相手が大興奮で語ったその経緯

 ついに本田圭佑(ボタフォゴ)がブラジルデビューを果たした。

 カンピオナート・カリオカ(リオデジャネイロ州選手権)のバングー戦。本田はスタメンとして出場し、PKからゴールも決めた。

「本田圭佑とユニを交換した」。対戦相手が大興奮で語ったその経緯

バングー戦でデビュー、PKを決めた本田圭佑(ボタフォゴ)photo by AFP/AFLO

 しかし、その試合の空気は予想していたものとは大きくかけ離れていた。多くのサポーターの熱い声援のなかで本田はデビューするはずだった。しかし、そのために用意されていた先週火曜の試合を、本田は風邪のために欠場。やっとデビューできたこの試合は、残念ながら新型コロナウイルスの影響で無観客試合となってしまったのだ。

 それでもスタジアムの外では数十人のサポーターがいて、ピッチの選手たちに届くようにできるだけ大きな音で太鼓を叩いていた。そのなかのひとりはこう言っていた。

「我らが本田には、お祭り騒ぎのデビュー戦がふさわしかった。だから中に入れなくても、こうやって外から応援し、ここに彼を愛するサポーターがいることを知らせたかった。そうして本田に最高の力を発揮してもらいたいんだ」

 一方、スタジアムには約120人のテレビ、ラジオ、新聞、ネットの記者が本田のデビューを見にきていた。それ以外には、わずか10人ほどのスタジアム関係者が、本田のデビュー戦の目撃者だった。

 リオデジャネイロのサッカー紙『オ・グローボ』のレイラス記者はこう言っていた。

「本田は、今日ここには来ることのできないボタフォゴサポーターの希望の星だ。我々記者はいつも以上に誠実に、確実に、今日の試合の様子を彼らに伝えなければいけない。皆が待ち望んでいたデビューの様子を、その興奮を、そのまま感じさせる使命がある」

 カメラマンのエドゥアルド・コレアは、今日の試合は本田しか見ないと言った。

「ひとりの外国人選手のデビューにリオがこれほど沸いたのは、クラレンス・セードルフ以来だ。いや、その熱気はセードルフ以上かもしれない」

 実際、本田はすばらしいブラジルデビューを果たした。PKからだが得点もし、その出来は皆の期待以上だったと思う。空っぽのスタジアムでハードに戦い、チームにいい結果をもたらそうと奮闘していた。


あわせて読みたい

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「本田圭佑 + 代表監督」のおすすめ記事

「本田圭佑 + 代表監督」のおすすめ記事をもっと見る

「本田圭佑 + カンボジア」のおすすめ記事

「本田圭佑 + カンボジア」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「岡崎慎司」のニュース

次に読みたい関連記事「岡崎慎司」のニュースをもっと見る

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月17日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. 本田圭佑 Instagram
  2. 本田圭佑 SVホルン
  3. 本田圭佑 twitter

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。