メジャー6月開幕説を検証。過去の延期事例からワールドシリーズは?

メジャー6月開幕説を検証。過去の延期事例からワールドシリーズは?
拡大する(全1枚)

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、メジャーリーグ機構のロブ・マンフレッド・コミッショナーは4月9日(日本時間4月10日)の開幕時期をさらに先送りすることを発表しました。これは発表の前日(3月15日)、アメリカ疾病対策センター(CDC)が今後8週間は50人以上で集まるイベントを中止や延期するように要請したことを受けたものです。

メジャー6月開幕説を検証。過去の延期事例からワールドシリーズ...の画像はこちら >>

開幕が遅れれば、こんな雪のなかでプレーすることになるかも?

 マンフレッド・コミッショナーが全30球団と電話会談で協議した結果、さらなる延期を決定。当初は3月26日の開幕を「少なくとも2週間は延期する」としていましたが、ドナルド・トランプ大統領が国家非常事態宣言を発令するなど感染状況は悪化の一途を辿っているため、「止むを得ず再延期」という結論に至りました。

 その公式発表の文面に、具体的な開幕時期などは明記されていません。CDCが勧告した8週間後となれば、開幕は早くても5月中旬になります。

 しかし、各球団がシーズン開幕へ向けて準備するには、再びキャンプを行なうことが必要です。そう考えると、USAトゥデイ紙など複数のメディアが報じたように、現状では5月25日の戦没将兵追悼記念日、いわゆるメモリアルデーの週末か、もしくは6月はじめ、最悪の場合なら7月にずれ込む可能性もあるでしょう。


 いずれにせよ、開幕延期の長期化は確実となってしまいました。

 そこで問題となるのが、レギュラーシーズンの試合数です。メジャーリーグとしては例年どおり各チーム162試合を行ないたい考えのようですが、はたしてどうなるでしょうか。

 最初の開幕延期が発表された時、ボストン・レッドソックスのサム・ケネディ球団社長は、状況が流動的としながらも「日程はすべて繰り下げになる」と話していました。

 今季の日程は、本来なら3月26日に開幕し、9月27日にレギュラーシーズンが終了。そして、9月29日から約1カ月間にわたってポストシーズンが行なわれる予定でした。その日程を短縮せずに繰り下げたスケジュールで実行するならば、ワールドシリーズは11月か、状況によっては12月までずれ込むことになってしまいます。

 メジャーリーグの開幕が延期になったことは、これまで過去3回あります。いずれも、オーナー側と選手会による労使紛争が原因でした。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

野球ニュースランキング

野球ランキングをもっと見る
お買いものリンク