「築いたものがすべて吹き飛ぶ」可能性。Bリーグ残り試合中止への危惧

 混乱とさまざまな想いが、観客のいないアリーナを覆った。

 世界で蔓延する新型コロナウイルスの影響で、2月末より試合を中断していたBリーグが無観客での再開を決めた。だが、選手や関係者に発熱者が出たため、2試合が試合直前に中止になるなど、異様な週末となった。

「築いたものがすべて吹き飛ぶ」可能性。Bリーグ残り試合中止への危惧

一度は無観客でBリーグ再開を決めたのだが......

 これを受けて、リーグは3月17日に各球団の代表者で構成される実行委員会と協議。その結果、当初は無観客で行なわれる予定だった4月1日までの試合(B1=54試合、B2=41試合)を、次節より中止にすると発表した。

 4月1日以降の試合については、すでに開幕や再開を遅らせているプロ野球やJリーグ等の状況を踏まえつつ、大河正明チェアマンは「トータルな判断をしていく」と話している。しかし、いまだ感染者数が増え続けるなかで、この中断期間が延長される可能性は否定できない。

 2016年に開幕して以来、Bリーグは最大の試練を迎えた。

 再開初日の3月14日、筆者は無観客で行なわれた千葉ジェッツ対宇都宮ブレックス戦へと赴いていた。優勝を争うチーム同士の好カードだけに、ほかにも多くのメディアが訪れた。


 しかし、試合後の取材をしていると、川崎ブレイブサンダースとレバンガ北海道の試合が中止になったという報が飛び込んできた。聞けば、マーク・トラソリーニ、ケネディ・ミークス、市岡ショーンの3選手(いずれも北海道)が37度前半の発熱を出したためという。

 その翌日には、川崎と北海道の試合会場へ足を運んだ。すると今度は、船橋での試合(千葉vs宇都宮)が中断しているというではないか。

 また同日、B2リーグの東京エクセレンス対ファイティングイーグルス名古屋戦では、エクセレンスの撮影クルーが前日の試合を終えて帰宅したあとに発熱。その人物がどれほど選手や関係者らと接触していたかを確認するため、試合開始は1時間半ほど遅れた。

 本稿執筆時点で、上記の発熱者のいずれもまだ、新型コロナウイルスに感染したという事実はない。しかし、一般社会でもこのウイルスに対して敏感になるなかで、発熱をした選手や関係者が出れば当然、こうした混乱が起きるのは不思議ではなかった。


あわせて読みたい

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月19日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。