ピクシーの記憶に残るプレーの数々。そのどれもが美しく遊び心があった

最も印象に残っている
Jリーグ助っ人外国人選手(1)
ストイコビッチ(名古屋グランパスエイト/MF)

 日本で初めて開幕戦から決勝までの全試合が放映された1990年イタリア・ワールドカップ。ミランの”オランダトリオ(ルート・フリット、マルコ・ファン・バステン、フランク・ライカールト)”を贔屓にしていた僕に心変わりさせたのは、イタリア代表の新鋭ロベルト・バッジョと、ユーゴスラビア代表のエース、ドラガン・ストイコビッチだった。

ピクシーの記憶に残るプレーの数々。そのどれもが美しく遊び心があった

1994年から2001年までJリーグでプレーしたピクシー

 なかでも、ストイコビッチがスペイン代表との決勝トーナメント1回戦で決めた先制ゴールは、大会のベストゴールと称されるほど鮮やかだった。

 0−0で迎えた78分、左サイドからユーゴスラビアのFWがセンタリングを上げ、ニアサイドで味方選手がバックヘッド気味にコンタクトする。ボールは高く舞い上がり、ファーサイドにいたストイコビッチのもとに落ちてくる。

 ボレーで狙おうと、シュートモーションに入るストイコビッチ。それを阻もうと、身体を投げ出して足を伸ばすスペインのDF。


 その瞬間、ストイコビッチはシュートをやめ、ボールをぴたりと止めた。スペインDFは為す術なく、ストイコビッチの目の前を滑りながら通り過ぎていく。

 これで完全にGKと1対1。名手アンドニ・スビサレッタは慌てて飛び出したが、ストイコビッチは冷静にゴール左にボールを流し込んだ。

 それから4年後の1994年6月、ストイコビッチの名古屋グランパス入りが決まった。ニュースを聞いたときの驚きたるや……。ジーコやガリー・リネカー、ピエール・リトバルスキーの来日にも興奮したが、それらとはちょっと違う嬉しさがあった。

 成田空港に降り立ったストイコビッチは、真っ赤なスーツに身を包んでいた。ド派手な出立ちは、スーパースターそのもの。入団会見では「名古屋にはドラゴンズという野球チームがあるから、私のドラガンという名前も覚えやすいと思う」というリップサービスまで飛び出した。

 イタリア・ワールドカップ後に移籍したマルセイユで大ケガを負い、欧州のサッカーシーンでは名前を見なくなっていたから、リネカーのように鳴かず飛ばずでなければいいが、と心配したが、杞憂に終わった。


あわせて読みたい

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月24日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。