「自分で作っちゃおう」。内山靖崇は批判も承知でテニス大会を創設した

 Uchiyama Cup(ウチヤマ・カップ)——。

 国内テニス大会のスケジュールに、今年、その名を冠した新たなトーナメントが登場した。

 賞金総額は300万円。これは、日本国内の賞金大会としては最高額の部類に属す。開催地は北海道札幌市。

「自分で作っちゃおう」。内山靖崇は批判も承知でテニス大会を創設した

内山靖崇に「Uchiyama Cup」を立ち上げた流れを聞いた

「この大会名、僕は『ちょっとダサくない?』って思ったんです。でも、ウチヤマ・カップで札幌開催だったら、絶対に僕が関わってるだろうってみんな思うから、そうしたほうがいいと助言ももらったので……」

 日に焼けた顔を照れくさそうに緩めて、彼は”命名”の理由を明かす。

 内山靖崇。札幌市出身の27歳。現在の世界ランキングは90位(3月9日現在)。

 昨年、楽天オープンを含むATPツアーで2度のベスト8入りを果たし、ランキングも自己最高位に達した彼が、Uchiyama Cupの立ち上げ人であり、同大会のトーナメントディレクターでもある。

「去年の10月に(ランキング)100位を切った時点で、トーナメントを作ることを考え始めました。以前から自分発信で何かをしたいと思っていたんですが、僕はYoutubeなどは向かない。自分にできる形は何かと考えた時、子どもの頃の経験や地元への恩返しという意味でも、大会を作ることではないかと思ったんです」


 自身がラケットを握った原体験にも心を寄せて、内山は篤実な口調で大会設立のモチベーションを語り始めた。

 テニスが盛んとは言えない土地に生まれ育った彼は、子どもの頃にプロ選手が戦う姿を見た時、その迫力と真剣さに心を揺さぶられ、今の道を志す。

 だが、かつて自分が足を運んだ大会は、地元の町から消えてしまった。北海道のジュニア選手がハイレベルな試合を見る機会は、なかなかない。その状況を変えられないかと、これまで外側からいろいろ働きかけてみたが、事態が動く気配もなかなか見られなかった。

「ならば、自分で作っちゃおう」

 その純粋な思いこそが、すべての出発点である。

 大切な時を迎えている現役選手が、そんなことをする必要があるのか?

 そのようなやや批判めいた声があることも、彼は十分に承知している。だが「現役だからこそできること、やるべきことがあるはずです」と、内山は言葉に力を込めた。「トップ100」という地位にこだわったのも、「そんなことをやっている場合か」という声を封じるため。


あわせて読みたい

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月26日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。