バルサの伝統の結晶であるメッシは、バトンを渡すことができるか

バルセロナの不安定な魅力8

 今シーズン、リオネル・メッシはリーガ・エスパニョーラで22試合に出場し、リーグトップの19得点を記録している。1試合平均1点近くで、相変わらず驚異的な得点力を誇る。彼の場合、「ノーゴール」がニュースだ。

 瞠目すべきは、2008-09シーズンに23得点して以来、10シーズン以上、その数字を下回っていない点にある。「無事これ名馬」というのか、スランプもない。2011-12シーズンにはシーズン50得点の大記録を達成。スキルの高さやスピード、緩急の変化、ビジョンなど、能力の高さをいくら書き尽くしても説明が足りないほど、別次元の選手だ。

 メッシは、ヨハン・クライフが土台をこしらえた下部組織「ラ・マシア」で育った。クラブの歴史を正当化する、バルサの結晶だ。

バルサの伝統の結晶であるメッシは、バトンを渡すことができるか

2月のレバンテ戦の直後、バルサ幹部との確執がニュースとなったリオネル・メッシ

 2004-05シーズン、メッシは17歳でフランク・ライカールトに見込まれ、トップデビューを飾っている。以来、ことごとく予測を裏切ってきた。強大な敵が前に立ちふさがると、それを越える逞しさを見せ、進化を遂げたのだ。

「レオは小さいけど、ヘディングもうまくなろうとしている。とにかく、完璧な選手を目指しているんだ」

 ブラジル代表ダニエウ・アウベスは、メッシの底知れなさについて饒舌に語っていた。

「たとえばドリブラーはどのチームにもいる。ステップが巧みで、スピードもある。でも、レオは違う。もっと貪欲で、ドリブルに満足せず、ゴールを常にとらえている。シュート精度は高いが、周りも使える。目にした選手の技術をコピーしてすぐに自分のものとし、高いレベルに引き上げてしまう。成長し続ける選手なんだよ」

 メッシは、ミカエル・ラウドルップやルイス・フィーゴのような過去にバルサに在籍した選手の技(ループやフェイントなど)をよく使ったという。柔軟に技を取り込むことができた。最も触発されたのは、同僚だったロナウジーニョだったかもしれない。また、MFシャビ・エルナンデスの影響も強く受け、中盤に落ちてゲームメイクするときの動作パターンはかなり似ている。

 メッシは、楽しむ気持ちを戦闘力に換えられる、稀有な選手だろう。頭の中は勝利しかない。えげつないほどに相手の弱部を察知し、そこを突き崩す。しかし戦い自体は下劣にならず、サッカーの美しさに満ちるのだ。


あわせて読みたい

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「メッシ + twitter」のおすすめ記事

「メッシ + twitter」のおすすめ記事をもっと見る

「メッシ + アルゼンチン代表」のおすすめ記事

「メッシ + アルゼンチン代表」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「ネイマール」のニュース

次に読みたい関連記事「ネイマール」のニュースをもっと見る

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月26日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. メッシ Instagram
  2. メッシ twitter
  3. メッシ アルゼンチン代表

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。