高松宮記念、二度あることは三度ある。高配当へ侮れない穴馬が3頭いる

高松宮記念、二度あることは三度ある。高配当へ侮れない穴馬が3頭いる
       

 春のGIシリーズが到来。その開幕を飾るのは、春の「スプリント王決定戦」となるGI高松宮記念(3月29日/中京・芝1200m)だ。

 昨年は、3番人気のミスターメロディが頂点に立った。その一方で、1番人気のダノンスマッシュが4着に敗れ、2番人気のモズスーパーフレアが15着と惨敗。代わって、12番人気のセイウンコウセイが2着、17番人気のショウナンアンセムが3着に突っ込んできて、3連単は449万7470円という超高配当となった。

 過去10年の結果を振り返ってみても、1番人気の戦績は3勝、2着0回、3着3回、着外4回。その信頼度は高いとは言えず、しばしば好配当が生まれている。

 また、ストレイトガール(2014年=3着、2015年=13着)や、レッドファルクス(2017年=3着、2018年=8着)など、人気馬が2年連続で敗戦する姿がよく見られる。こうした例は、今年も人気が予想されるダノンスマッシュ(牡5歳)にとっては、嫌なデータとなる。

 逆に、好走馬のリピートが多いのも、このレースの特徴だ。昨年2着のセイウンコウセイ(牡7歳)は、3年前(2017年)にも5番人気で戴冠を果たしている。

高松宮記念、二度あることは三度ある。高配当へ侮れない穴馬...の画像はこちら >>

昨年は12番人気で2着と激走したセイウンコウセイ

 そうした傾向を踏まえて、中日スポーツの大野英樹記者とデイリースポーツの大西修平記者は、「二度あることは三度ある」とばかりに、ともにセイウンコウセイの再激走に期待を寄せている。


あわせて読みたい

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「高松宮記念」に関する記事

「高松宮記念」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「高松宮記念」の記事

次に読みたい「高松宮記念」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月28日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

  1. 高松宮記念 追い切り

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。