日本サッカーの概念を超越した選手。プレーは自由奔放で弾けていた

日本サッカーの概念を超越した選手。プレーは自由奔放で弾けていた
拡大する(全1枚)

最も印象に残っている
Jリーグ助っ人外国人選手(9)
ストイコビッチ(名古屋グランパスエイト/MF)

 東京~名古屋間は、新幹線でおよそ2時間。お金もそれなりにかかる。試合の開始時間によっては、宿泊する必要も生まれる。東京在住者にとって、名古屋行きはまさに旅行だ。

 首都圏のクラブが名古屋グランパスとアウェー戦を戦えば、そのクラブの熱心なサポーターは名古屋まで駆けつけるだろうが、そうでなければ、名古屋周辺に縁もゆかりもないファンが、名古屋まで出かけることはまずないだろう。

 だが、そんなファンがかつては存在した。瑞穂陸上競技場のスタンドに目をやれば、どちらのファンでもなさそうなファンの姿が目に留まった。

 ドラガン・ストイコビッチがいた時代だ。

 監督がアーセン・ベンゲルだった時代は、とくに多かった気がする。筆者もよく、現地に行くことありきで、仕事の算段を立てたものだった。

 現在のヴィッセル神戸を見るようだ。神戸のファンでも、相手側のファンでもない第3者的な姿が、スタジアムのあちらこちらで目に留まる。とりわけ、神戸のアウェー戦ではその姿が多く、どのクラブも神戸戦はアンドレス・イニエスタ効果で、観衆増の恩恵にあずかっている状態だ。

日本サッカーの概念を超越した選手。プレーは自由奔放で弾けてい...の画像はこちら >>

遠くまで出かけてでも見る価値があったストイコビッチのプレー

 ストイコビッチが名古屋にやってきたのは、1994年。Jリーグが開幕したその翌年だ。今から、26年前の日本。現在と決定的に違っていた点は、海外サッカーへの関心、その情報の乏しさだ。

 1994年と言えば、アメリカW杯が開催された年と重なる。日本は、その前の年に行なわれたアジア最終予選で敗れ、W杯初出場を逃していた。

 世界への扉は半開きの状態で、欧州のサッカーの情報にはまだ疎(うと)かった。1992-1993シーズンから、チャンピオンズカップ(CC)をチャンピオンズリーグ(CL)に発展させるなど、隆盛期に入っていた欧州サッカーの情報なども、日本まで満足に届いていなかったのだ。

 そうした状況のなか、海の向こうで、ストイコビッチはイビツァ・オシム監督率いるユーゴスラビア代表として、1990年イタリアW杯に出場。10番を背負って、全5試合スタメン出場した。準々決勝のアルゼンチンでPK戦の末に敗れたが、その名前を広く知らしめることになった。筆者が、ストイコビッチのプレーを初めて直に見たのもこの時だった。

 しかし、それから名古屋入りするまでの4年間、ストイコビッチの名前を聞くことは何度もなかった。所属チーム(マルセイユ)はこの間、CCとCLのファイナリストになっているが、ストイコビッチが出場したのは、CCの時の残り数分間のみ。膝の怪我に苦しんでいた。

 ユーゴスラビア紛争も、そのサッカー人生に暗い影を落としていた。1992年欧州選手権(スウェーデン大会)予選を勝ち抜き、ユーゴスラビア代表は本大会に向けて出発した。ところが、ユーゴスラビアは内戦の制裁措置として、出場不可とされたのだ。ストイコビッチは表舞台に立つことなく、自国に引き返すことを余儀なくされた。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「名古屋グランパス」に関する記事

「名古屋グランパス」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「名古屋グランパス」の記事

次に読みたい「名古屋グランパス」の記事をもっと見る

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク