女性ドライバー、タチアナ・カルデロンがSF参戦もコロナ禍で一時帰国

 近年、海外から将来F1を目指す若手ドライバーが参戦している全日本スーパーフォーミュラ選手権。そのなかでも今年、大きな話題を集めている選手がいる。女性ドライバーのタチアナ・カルデロンだ。

女性ドライバー、タチアナ・カルデロンがSF参戦もコロナ禍で一時帰国

スーパーフォーミュラに参戦するタチアナ・カルデロン

 コロンビア出身で現在27歳の彼女は、2011年からヨーロッパでレース活動を開始。2016年から2018年までGP3(現FIA F3)で戦い、昨年はF1直下のFIA F2に挑戦した。さらに2017年からザウバーF1チーム(現アルファロメオ)のテストドライバーに就任し、各レースでチームに帯同している。

 しかし、2020シーズンに関しては、FIA F2でのシート獲得に難航。昨年末の時点ではレギュラー参戦するカテゴリーが決まっていない状態だった。

 そんな彼女に吉報が舞い込んできたのは、クリスマスが終わり、まさに年を越そうというタイミングだった。スーパーフォーミュラのチームに急遽、シートの空きができたのだ。


 そのチームとは、4年ぶりに国内トップフォーミュラに復帰を果たすドラゴ・コルセ。現在もスーパーGT(GT300クラス)で活躍する道上龍が率いるチームだ。昨年まで全日本F3選手権に参戦していたスリーボンド・レーシングとタッグを組み、「スリーボンド・ドラゴ・コルセ」として参戦することが決まった。

 当初は、ヨーロッパで活躍中の松下信治を起用するのではないかと言われていた。だが、土壇場で松下のFIA F2継続挑戦が決まり、スーパーフォーミュラへの参戦を断念。チーム側も12月に入って再びドライバーを探すことになった。そこで、ちょうどシートを探していたカルデロンと出会ったのだ。

「タチアナ(カルデロン)に決めたのは今年の1月に入ってからでした。彼女たちがコロンビアに帰っていると時差もあったりして、契約を結ぶまでに本当に時間がかかりました」

 そう語るのは、チームを率いる道上監督。マシンも組み上げて、富士テストに向けて準備万端の状態だったのだが、新型コロナウイルス感染拡大の影響でカルデロンが来日できない可能性が突然浮上した。


あわせて読みたい

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年4月6日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。