五郎丸ら2015年ラグビーW杯組の今。俳優としてブレイクした選手も

 2019年ラグビーワールドカップで初のベスト8に進出し、日本列島を盛り上げてくれた「ブレイブ・ブロッサムズ(勇敢な桜の戦士たち)」。その4年前、2015年大会で南アフリカ代表を破る「ブライトンの奇跡」など予選プール3勝を挙げたことが、2019年大会の飛躍につながったことは明白である。

五郎丸ら2015年ラグビーW杯組の今。俳優としてブレイクした選手も

独特なルーティーンで一世を風靡した五郎丸歩のプレースキック

 世紀の大金星を挙げた「エディー・ジャパン」。2015年ラグビーW杯の日本代表メンバー31名は、現在どうしているのだろうか。

 まず、2015年大会に続いて2019年大会のメンバーにも選ばれたのは、下記の10人。

 FL(フランカー)リーチ マイケル(東芝)、HO(フッカー)堀江翔太(パナソニック)、PR(プロップ)稲垣啓太(パナソニック)、LO(ロック)トンプソン ルーク(元近鉄)、FLツイ ヘンドリック(サントリー)、No.8(ナンバーエイト)アマナキ・レレィ・マフィ(NTTコミュニケーションズ)、SH(スクラムハーフ)田中史朗(キヤノン)、SO(スタンドオフ)田村優(キヤノン)、WTB(ウィング)/FB(フルバック)松島幸太朗(サントリー)、WTB福岡堅樹(パナソニック)。


 そのうち、トンプソンは昨シーズン限りで現役を引退し、今はニュージーランドに帰国して農業に専念している。また、15人制日本代表からの引退を表明した福岡は7人制ラグビーで東京五輪への出場を目指し、松島は今夏からフランスの名門クレルモンに移籍することが決まっている。

 31歳のリーチや34歳の堀江も、やる気はまだまだ十分だ。堀江は「(W杯前の最後の1年間で活躍して2019年大会に選ばれた)トンプソン方式がいいかな」と、日本代表活動と少し距離を取りながらも、2023年大会への意欲を見せている。

 2015年大会で真っ先に思い出すのは、やはり、プレースキック前の独特なルーティーンで一世を風靡したFB五郎丸歩(ヤマハ発動機)だろう。2016年からオーストラリアのレッズ、フランスの強豪トゥーロンを経て、2017年から再びヤマハ発動機に戻ってトップリーグでプレーしている。

 海外では思うような結果を残せず、同時に日本代表指揮官の目指すラグビーが変わったこともあり、五郎丸は2015年以降、桜のジャージーから遠ざかった。そして今年3月、34歳となった。


あわせて読みたい

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「ラグビー + 日本代表」のおすすめ記事

「ラグビー + 日本代表」のおすすめ記事をもっと見る

「ラグビー + W杯」のおすすめ記事

「ラグビー + W杯」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「カーリング」のニュース

次に読みたい関連記事「カーリング」のニュースをもっと見る

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年4月5日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

  1. ラグビー W杯
  2. ラグビー 日本代表

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。