大久保嘉人が驚異の大暴れ。ストライカーの本性がフロンターレで覚醒

1993年~2019年Jリーグ
『私のMVP』~あの年の彼が一番輝いていた
第4回:2013年の大久保嘉人(川崎フロンターレ/FW)

 2013年シーズンに大久保嘉人が川崎フロンターレに加入した時、果たして活躍できるのか、疑問だった。

 ヴィッセル神戸でプレーした前年はリーグ戦26試合に出場して、わずか4ゴールしか奪えていない。おまけにこの年、神戸はJ2に降格し、大久保自身も構想外の状態で神戸を離れることになったからだ。

大久保嘉人が驚異の大暴れ。ストライカーの本性がフロンターレで覚醒

大久保嘉人は2013年から3年連続で得点王に輝いた

 しかも、川崎を率いる風間八宏監督のスタイルは「相手の背中を取れ」「相手の矢印を利用しろ」「目を揃えろ」などと独特だから、野性的なところのある大久保が果たして理解できるのか。そんな疑念も抱いていた。

 洗足学園音楽大学で行なわれた新体制発表会後の囲み取材では、大久保が日本代表時代に発していたすごみやオーラのようなものも感じられなかった。

 だが、その後すぐにわかるようになる。あれはただ、関東のチームへ移籍するのが初めてだから、ちょっと緊張していただけだったということに。


 そして、4カ月も経つ頃には、自分が何も理解していなかったことを痛感させられた。大久保嘉人という選手のことも、風間監督のサッカーのことも。

 この年、川崎はスタートダッシュに大きくつまずいた。

 開幕戦で柏レイソルに1−3で敗れると、大分トリニータと引き分け、サガン鳥栖に敗戦。ヴァンフォーレ甲府戦、湘南ベルマーレ戦にも引き分けた。未勝利のまま迎えた第6節の横浜F・マリノス戦には1−2で敗れ、風間監督の解任論まで飛び出した。

 不振に陥った要因のひとつが、大久保を活かす最適解がなかなか見つからなかったことだ。3−4−2−1、4−3−3、4−2−3−1と、フォーメーションは毎試合のように変わり、大久保のポジションもウイング、シャドー、インサイドハーフと、ころころ変わった。

 だが、大久保を2トップの一角で起用した第7節のベガルタ仙台戦でリーグ初勝利を飾ると、ゴールに一番近いところでプレーさせる起用法に落ち着いた。と同時に、大久保のなかで長い間眠っていたストライカーの本性が目覚め、チームも息を吹き返すのだ。


あわせて読みたい

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「大久保嘉人 + twitter」のおすすめ記事

「大久保嘉人 + twitter」のおすすめ記事をもっと見る

「大久保嘉人 + 移籍」のおすすめ記事

「大久保嘉人 + 移籍」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「武藤嘉紀」のニュース

次に読みたい関連記事「武藤嘉紀」のニュースをもっと見る

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年4月10日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. 大久保嘉人 Instagram
  2. 大久保嘉人 twitter
  3. 大久保嘉人 年俸

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。