湘南・岩崎悠人「ミシャさんに感謝」。ストライカーの引き出しが増えた

湘南ベルマーレ・岩崎悠人インタビュー@後編

 現在21歳の岩崎悠人は、新型コロナウイルス感染症の拡大により、1年の延期が発表された東京五輪世代の選手である。

「滑り込みでもいいから、メンバーに絡んでいきたい」

「湘南ベルマーレ・岩崎悠人インタビュー@前編」はこちら>>>

湘南・岩崎悠人「ミシャさんに感謝」。ストライカーの引き出しが増えた

東京五輪世代の岩崎悠人に今の心境を聞いた

 東京五輪への思いは強く、それが今シーズン、湘南ベルマーレに期限付き移籍する決め手にもなった。

 昨シーズン在籍した北海道コンサドーレ札幌では、リーグ戦わずか8試合の出場。京都サンガで迎えたプロ1年目から主力として活躍してきた岩崎にとって、「初めての大きな挫折」だった。

 ただ、湘南でプレーするようになって、札幌でもがき苦しんだ1年間が無駄ではなかったことを知った。

「コンサドーレでは(3−4−2−1の)シャドーでプレーすることが多かったんですけど、ミシャさん(ミハイロ・ペトロヴィッチ監督)はDFの背後に抜けるプレーに関して、ゴールから逃げるように相手の背後を取る動きを求めていたんです。ゴールから遠ざかるような、プルアウェイの動きとでも言えばいいんですかね。


 それまでの自分はどちらかというと、縦に背後へと抜ける動きが多かったんです。ベルマーレは主に3−5−2なんですけど、自分が2トップの一角に入った時、やはりプルアウェイの動きでボールをもらう回数が多かったんです。

 後方のDFからボールを受ける時、斜めに走って裏でもらう。まさにミシャさんに求められていた動き。その時、自分のなかにその感覚があるな、ということを感じたんですよね」

 インタビューは新型コロナウイルス対策の一環で、お互いにマスクを着用し、距離を取って行なっていたが、岩崎は自分が座る椅子の前にある机をピッチに見立てて説明してくれた。

「だから、札幌での日々は無駄にはなっていなかったんですよね。まだまだ完全に身についたとはいえないですけど、一瞬の動き、オフザボールの動きは、ミシャさんのおかげで勉強になりました。自分のなかにストライカーとしての引き出しが増えたなということは今、すごく感じているんです」


あわせて読みたい

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「アルビレックス新潟」のニュース

次に読みたい関連記事「アルビレックス新潟」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ヴァンフォーレ甲府」のニュース

次に読みたい関連記事「ヴァンフォーレ甲府」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「徳島ヴォルティス」のニュース

次に読みたい関連記事「徳島ヴォルティス」のニュースをもっと見る

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年4月14日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。