ダルビッシュ有、サイ・ヤング賞への道。ハードルとなる要素を考えた

「選手やファンにとって安全で、感染が悪化しないようになるまで、野球は戻らない。これが唯一、決まっていることだ」

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期している開幕の時期について、メジャーリーグ機構のロブ・マンフレッド・コミッショナーはこう語りました。

ダルビッシュ有、サイ・ヤング賞への道。ハードルとなる要素を考えた

今季のサイ・ヤング賞候補に選出されたダルビッシュ有

 今シーズンの開催方式を巡っては、アリゾナ州に全30球団を集めて開催する案や、フロリダ州とアリゾナ州でリーグを再編する案など、さまざまな意見が取り沙汰されています。選手たちは今後の動向を見守りながら外出を自粛し、その近況はSNSなどの投稿で知ることも増えてきました。

 なかでも個人的に注目しているのは、シカゴ・カブスのダルビッシュ有投手です。連日のようにツイッターやYouTubeに近況などをアップし、ファンを楽しませてくれています。

 そのダルビッシュ投手は今季に向け、本職のピッチングでも高い評価を受けています。3月10日にMLBの公式サイトがサイ・ヤング賞候補20人を選出し、ダルビッシュは8位にランクインされました。


 昨シーズン後半戦は4勝4敗ながら、防御率2.76、被打率.199、118奪三振をマーク。その一方で与四球はわずか7個という、すばらしい数字を残しました。それが8位にランクインされた理由です。

 3月29日には、同じくMLB公式サイトにて「サイ・ヤング賞を受賞していない最高の投手たち」という特集記事が掲載されました。そのなかの「まだ受賞の可能性がある投手」というカテゴリーでも、ダルビッシュは選ばれています。

 テキサス・レンジャーズ時代の2013年、ダルビッシュ投手はサイ・ヤング賞投票で2位に選ばれました。しかし、あと一歩届かず。メジャーの投手にとって最高の栄誉であるサイ・ヤング賞を受賞するためには、今季どんなハードルを越えなければならないのか。さまざまな角度から考えてみましょう。

 まずは年齢という面から。メジャー9年目のダルビッシュ投手は、今年8月で34歳となります。

 2010年以降の両リーグのサイ・ヤング賞投手を見ると、34歳以上で受賞したのは述べ20人中、たったふたりしかいません。しかも近年、メジャーでは若手が次々と台頭しており、まさに「若き剛腕投手の時代」を迎えています。


あわせて読みたい

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「ダルビッシュ有、サイ・ヤング賞への道。ハードルとなる要素を考えた」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    それよりコロナ付きアベ布マスクは送り返せよ素手で触るな受取拒否って書いて郵便ポストにポイだ

    0
この記事にコメントする

「ダルビッシュ有 + 山本聖子」のおすすめ記事

「ダルビッシュ有 + 山本聖子」のおすすめ記事をもっと見る

「ダルビッシュ有 + 手術」のおすすめ記事

「ダルビッシュ有 + 手術」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「斎藤佑樹」のニュース

次に読みたい関連記事「斎藤佑樹」のニュースをもっと見る

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年4月17日の野球記事

キーワード一覧

  1. ダルビッシュ有 twitter
  2. ダルビッシュ有 山本聖子
  3. ダルビッシュ有 手術

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。