大坂なおみが歓喜を爆発させない理由。目指すはレジェンドよりレガシー

 勝利し、喜びを爆発させる彼女の姿を、まだ見たことはないように思う……。

 BNPパリバ・オープン(インディアンウェルズ)でツアー初優勝の栄冠を掴んだ時は、ファミリーボックスへと向けた顔に、輝く笑みを広げるのみだった。

大坂なおみが歓喜を爆発させない理由。目指すはレジェンドよりレガシー

今年の10月で大坂なおみは23歳になる

 その6ヶ月後に全米オープンで敬愛するセリーナ・ウィリアムズ(アメリカ)を破り、手にしたグランドスラム初優勝は、主審の判定を巡る狂騒のなかで悲しみの涙に彩られた。

 グランドスラム連続優勝を成した全豪オープンでは、緊張から開放された安堵のため、勝利の瞬間、その場に崩れるようにしゃがみこんだ。

 多くの選手が優勝や金星獲得時に見せる歓喜の雀躍(じゃくやく)や、コートに大の字に倒れこみ涙にむせぶ姿を、彼女はまだ公の場で見せたことがない。

 初めて彼女と話したのは、2014年、岐阜の長良川テニスセンターで行なわれた、ツアーの下部大会に相当する賞金総額6万ドルの国際大会だった。

 その日は雨で、試合が行なわれたのはインドアコート。16歳のその少女は、屋内施設に響きわたるサーブやストロークのインパクト音で見る者を驚かせるが、ミスも多く、試合には競り負ける。


 試合後は、プレーヤーズラウンジ代わりに使われているカフェの一角で、短く立ち話をさせてもらった。

 生まれたのは日本であること、3歳でアメリカに渡ったこと、基本的に姉と父親の3人で練習し、ここまで来たこと……。彼女は、当時すでに180cmあった長身の背を少し丸めるようにし、こちらの質問に対し小さな声で、短くポツリポツリと最小限の言葉を返す。

 コート上の豪胆な姿とは対象的に、オフコートではとてつもなくシャイ……。それが、大坂なおみに抱いた第一印象だった。

 その時から3カ月後。

 彼女は、サンフランシスコ開催のWTAツアー大会で予選を突破して初出場すると、初戦で当時世界ランキング19位のサム・ストーサー(オーストラリア)を破り、一躍注目の若手プレーヤーとなる。

 腰を据えて彼女にじっくり話を聞けたのは、そのブレークスルーの時から1カ月後。短期間で多くの会見やインタビューを経験してきた彼女は、まだ恥ずかしそうにしながらも、そのような「仕事」にも幾分慣れた様子だった。


あわせて読みたい

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「大坂なおみ + twitter」のおすすめ記事

「大坂なおみ + twitter」のおすすめ記事をもっと見る

「大坂なおみ + Instagram」のおすすめ記事

「大坂なおみ + Instagram」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「錦織圭」のニュース

次に読みたい関連記事「錦織圭」のニュースをもっと見る

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年4月19日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

  1. 大坂なおみ Instagram
  2. 大坂なおみ twitter

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。