井端弘和から見たセ・リーグ注目選手。阪神は「この2人が打てば優勝」

井端弘和「イバらの道の野球論」(14)前回の記事はこちら

 今季のプロ野球は開幕が延び、交流戦後のリーグ戦再開予定日だった6月19日以降で調整が進められている。練習試合の再開は早くて5月7日。各球団も活動休止、自主練習など対応がわかれている。

 かつてない状況で行なわれるペナントレースで、チームの浮沈を左右する選手は誰なのか。侍ジャパンの内野守備走塁コーチを務める井端弘和氏に、まずはキャンプ、オープン戦を見た中でのセ・リーグ6球団の注目選手を聞いた。

井端弘和から見たセ・リーグ注目選手。阪神は「この2人が打てば優勝」

阪神に入団した新外国人のボーア

――昨年のペナントレース上位チームから注目選手を伺っていきます。まず、5年ぶりにリーグ優勝を果たした巨人は誰になりますか?

「4年目の吉川尚輝ですね。腰のケガの状態もあるので全試合に出場することは難しいかもしれませんが、規定打席をクリアするくらい出られれば、打線はかなり強力になります」

――打順は、昨年の開幕時と同じように1番でしょうか。

「そうですね。吉川、坂本勇人丸佳浩岡本和真と4番までを固められたら、5番以降は新加入の(ヘラルド・)パーラ、亀井義行中島宏之など打線が組みやすくなります。さらに、8番などに打撃がいい捕手の大城卓三が入るとなると、打ち勝てる試合は昨年よりも増えるでしょう。

 足が速い吉川はリードオフマンで生きる選手。様子を見ながら6番や7番などで起用しても、相手チームにとってもそこまで脅威にはなりません。吉川が難しい場合は亀井が1番で起用されると思いますが、そうなると5番以下が少し迫力不足になる感は否めない。どれだけ吉川が1番で出場できるかが、リーグ連覇、日本一への大きなカギになると思います」


あわせて読みたい

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「中日ドラゴンズ」のニュース

次に読みたい関連記事「中日ドラゴンズ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「広島東洋カープ」のニュース

次に読みたい関連記事「広島東洋カープ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「福岡ソフトバンクホークス」のニュース

次に読みたい関連記事「福岡ソフトバンクホークス」のニュースをもっと見る

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年4月20日の野球記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。