デル・ピエロの驚愕のシュートは「世代交代のシグナル」だった

デル・ピエロの驚愕のシュートは「世代交代のシグナル」だった
拡大する(全1枚)

欧州スター選手列伝
極私的バロンドール(3)
アレッサンドロ・デル・ピエロ(1994−95)

 何年かに一度、唖然とさせられるゴールに出会うことがある。

 いや、超ロングシュートとか、何人抜きのゴールとかではなく、え、こんなところから狙うんだ、しかも、それで決めちゃうんだ、という類(たぐい)のゴールだ。

デル・ピエロの驚愕のシュートは「世代交代のシグナル」だったの画像はこちら >>

デル・ピエロはユベントスで1993年から2012年までプレーした

 古くは1988年の欧州選手権の決勝で、オランダのマルコ・ファン・バステンがソビエト連邦相手に決めた鋭角のスーパーボレー。

 そして、セリエAで生まれたこのゴールにも、テレビの前で唸らされた。

 1994年12月4日、ユベントスvs.フィオレンティーナ戦——。

 残り15分の時点ではフィオレンティーナが2−0とリードしていた。しかし、ユーベが立て続けにゴールを奪ってゲームを振り出しに戻す。

 そして両チーム、痛み分けかと思われた87分、伝説のゴールが生まれる。

 左サイドのセンターライン付近からアレッサンドロ・オルランドが放ったロングフィードが、ペナルティエリアの中に落ちてくる。


 そこに走り込んできたのが、アレッサンドロ・デル・ピエロだった。

当時まだ20歳、クリクリの長髪をなびかせた若者は、背後から飛んできたロングボールを右足アウトサイドのボレーで叩き、GKフランチェスコ・トルドの頭上を破るのだ。

 これが、いかに驚愕のプレーだったかは、ライバルチームのエースたちのコメントを見ればわかる。

「すばらしいゴールだった。でも、100回試しても、二度と同じ芸当はできないと思う」(ジュゼッペ・シニョーリ/ラツィオ)

「もし、彼があの時、本気でゴールを決めるつもりだったとしたら、それこそ怪物だ」(デヤン・サビチェビッチ/ミラン)

 だが、”アレックス”の愛称で親しまれる若者の才能をよく知るチームメイトは、偶然でないことがわかっていた。

「自信がなければ、あんなゴールは生まれないよ」(ジャンルカ・ヴィアリ)

「すごいゴールだった。あんなゴールを決めるには、生まれながらの才能が必要だ」(ロベルト・バッジョ


当時の記事を読む

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年4月22日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。