「目をつぶって打ったら本塁打」。長嶋一茂の初安打に見たミスター復活の夢

日本プロ野球名シーン
「忘れられないあの一打」
第7回 ヤクルト・長嶋一茂 
プロ初ヒットがホームラン(1988年)

 立教大学時代、東京六大学リーグでプレーした4年間で放ったホームランは11本。当時、田淵幸一が持っていた最多記録の22本には及ばないが、大砲としての存在感は十分だった。野球マンガ『ドカベン』に登場する手強いライバルのような分厚い体、ときどき放たれる豪快なホームラン。肩が強くて、足も速かった。

 タイムリーエラーで試合を面白くするのはご愛敬(内野フライが大の苦手だった)。「”ミスタープロ野球”長嶋茂雄の長男」という要素を差し引いても、長嶋一茂は1980年代半ばの東京六大学に欠かせないスター選手だった。

「目をつぶって打ったら本塁打」。長嶋一茂の初安打に見たミスター復活の夢

プロ初ホームランを放ったヤクルト1年目の長嶋一茂

 筆者が立教大学野球部に進んだのは、一茂から遅れて2年後の1986年4月。まだまだ上下関係の厳しい時代に、新入生が上級生と言葉を交わすことなどできるはずがない。優勝から20年以上遠ざかっていた立教大はスポーツ推薦制度などなく、戦力的には他の強豪大学よりも劣っていた。そのなかにあって、一茂は堂々たるレギュラーであり、東京六大学の看板選手でもあった。本来であれば呼び捨てにすることなど許されるはずはないが、本稿では勇気を振り絞って、敬称を略す。

 1987年ドラフト会議で2球団から1位指名を受けた一茂は、ヤクルトスワローズに入団することになった。背番号はもちろん「3」。神宮球場で育ったスターが、そこを本拠地とする球団で本物のスーパースターになることを、日本中のプロ野球ファンが望んでいたと思う。2学年下の私もそのひとりだ。


あわせて読みたい

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年4月26日の野球記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。