バロンドール史上最大のミス。2010年はスナイデルが受賞すべきだった

バロンドール史上最大のミス。2010年はスナイデルが受賞すべきだった
       

欧州スター選手列伝
極私的バロンドール(8)
ヴェスレイ・スナイデル(2009-10)

 2010年のFIFAバロンドールはリオネル・メッシ(アルゼンチン)が受賞している。2位はアンドレス・イニエスタ(スペイン)、3位シャビ・エルナンデス(スペイン)と、バルセロナの3人でトップ3が占められた。

バロンドール史上最大のミス。2010年はスナイデルが受賞すべ...の画像はこちら >>

インテルの3冠達成に大きく貢献した、2010年のスナイデル

 FIFA最優秀選手賞とバロンドールが合体していたこの時期、投票は各国代表チームの監督、主将、そして記者投票の総合で受賞者を決めている。

 1位のメッシは総投票の22.65%を獲得。監督、主将の投票でトップ。ただし、記者投票で1位だったのは、全体では4位のヴェスレイ・スナイデル(オランダ)だった。

 記者投票では7.70%を獲得したスナイデルが1位、2位はイニエスタ(7.53%)、3位シャビ(5.96%)で、メッシは4位(4.38%)なのだ。

 スナイデルはアジリティとボールコントロールがすばらしい。狭いスペース、わずかな時間でも、素早いステップと無駄のないコントロールでボールを受けられる。ポジションは古典的とも言えるトップ下だが、このアジリティとテクニックのおかげでスナイデルはプレーする場所を消されない。古典的なプレーを現代のサッカーに蘇らせたところが稀少価値といえる。

 ビジョンも特別。瞬時に敵味方の動きを見逃さず、ジャストなタイミングで最適のパスを繰り出せる。スナイデルがいなければ成立しない攻撃は、オランダ代表や当時所属していたインテルで数多く見受けられた。鋭い振りから放たれるシュートも正確かつ威力があり、多くの得点もゲットしている。

 2009-10シーズンは、インテルの3冠 (セリエA、コッパ・イタリア、CL)に大きく貢献。UEFAチャンピオンズリーグ(CL)では、準決勝でバルセロナを破り、決勝ではバイエルンを制して優勝している。

 2010年の夏には、南アフリカW杯が行なわれている。優勝はスペインだったので、イニエスタとシャビが支持されていたのは理解できる。準優勝はオランダ、スナイデルは10番として活躍し、大会5得点はダビド・ビジャ(スペイン)、トーマス・ミュラー(ドイツ)、ディエゴ・フォルラン(ウルグアイ)と並ぶ最多だった。

 2009-10はスナイデルのベストシーズンだった。

 W杯とCLで最も活躍したスナイデルがバロンドールで4位という結果は、当時も疑問視されていて、UEFA会長だったミシェル・プラティニは2011年から記者投票によるUEFA欧州最優秀選手賞を立ち上げた。


当時の記事を読む

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「欧州サッカー」に関する記事

「欧州サッカー」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「欧州サッカー」の記事

次に読みたい「欧州サッカー」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年4月27日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。