イニエスタが「スター性を求める」バロンドールに最も近づいた瞬間

欧州スター選手列伝
極私的バロンドール(11)
アンドレス・イニエスタ(2011-12)

 2019年7月、神戸。試合前から私はすでにフラフラだった。当日朝にスペインから帰国して時差ボケ気味、そこに日本の蒸し暑さが疲労に拍車をかける。カメラマンとして重い足取りでピッチに出ると、撮影ポジション脇にあるスタンドの切れ目で巨大な送風機が稼働していた。風は生温かったが、これがなかったら試合中にダウンしていたかもしれない。

 ヴィッセル神戸対バルセロナ。「彼らはこんな条件でプレーをするのか……」と思いながら、ウォーミングアップ中の一団を眺めた。お目当ての選手は、その1年少し前、モスクワのピッチで撮影した時より、若干日に焼けて見えた。だが、あらためて周囲の選手と見比べると、やはり(一時は代名詞にもなった)「美白」だった。

イニエスタが「スター性を求める」バロンドールに最も近づいた瞬間

2012年のユーロで大会MVPに選ばれたアンドレス・イニエスタ

 私が初めてアンドレス・イニエスタを撮影したのは、2004年の2月にバルセロナ郊外のサバディールで行なわれたU-21のスペイン対ノルウェー戦だった。激しい守備を見せる大柄なノルウェーの選手たちをものともせず、当時は右ウイングだったフアンフラン(現サンパウロ)やトップのセルヒオ・ガルシア(元エスパニョール)にすばらしいパスを供給し、時には自らドリブルで突破する。

 ダボダボのユニホームに身を包んだ10番は、派手さこそなかったが、プレーは抜きん出ていた。「すごいものを見られた」と、同行した友人たちと帰路の電車で盛り上がったのを覚えている。

 バルセロナでプレーする姿を初めて撮影したのは、それから2カ月後のバジャドリード戦だった。最初は控えだったのでベンチに座っているところも撮ったが、彼に露出を合わせると他の選手が暗く写る。

 試合はバルセロナが前半に2点先行したものの、後半になってロナウジーニョが退場。さらに1点差に迫られて劣勢となった場面で彼が登場した。交替出場からものの数分でダメ押しのゴール(これがリーグ戦の初得点だった)を決めたイニエスタの名前は、「華奢・色白・24番」という符号と共に頭の中に刻み込まれた。

 その後、イニエスタがチームの主軸、というより世界的な名手になっていく様子を撮影する機会に恵まれた。今は意識して自重しているが、ファインダーを覗きながら「うおっ」とか「すげぇ」と呟いてしまうこともあった。横で撮っていた人はさぞ迷惑だったろう。とはいえ、「彼の何がすごいの?」と聞かれると、明確には答えられない。フィーリングが合ったとしか言えないのだが、毎回撮影するのが楽しみだった。


あわせて読みたい

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「イニエスタ + バルセロナ」のおすすめ記事

「イニエスタ + バルセロナ」のおすすめ記事をもっと見る

「イニエスタ + 評価」のおすすめ記事

「イニエスタ + 評価」のおすすめ記事をもっと見る

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年4月30日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. イニエスタ バルセロナ
  2. イニエスタ 評価

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。