未来のスーパースターはこの中に。レイニエルら東京五輪世代の攻撃的MFたち

未来のスーパースターはこの中に。レイニエルら東京五輪世代の攻撃的MFたち
       

東京五輪世代
ポジション別スター候補(7)
攻撃的ミッドフィルダー

未来のスーパースターはこの中に。レイニエルら東京五輪世代...の画像はこちら >>

鳴り物入りでレアル・マドリード入りしたレイニエル・ジェズス・カルヴァーリョ(ブラジル)

 古典的な「背番号10」はいま、さまざまなポジションに姿、形を変えている。

 インサイドハーフもそのひとつだろう。少し大きな枠組みで言えば、攻撃的MFとなる。インサイドハーフは主に4-3-3における中盤の一角を指し、ボランチ、サイドハーフ、トップ下という3つの役割を同時に担い、戦術的に極めて難解なポジションと言える。

 現役の第一人者といえば、アンドレス・イニエスタヴィッセル神戸)、ルカ・モドリッチ(レアル・マドリード)の2人だろう。ディフェンスライン近くから相手ゴール前まで、どの位置にいてもプレーの渦を作り出すことができる。最善の判断で最高の技巧を使え、戦況を優位に動かす。

「モドリッチは、攻撃的MFもボランチもできる稀有なMFだ。それは簡単なようで、簡単なことではない。それぞれのゾーンでプレーテンポを変える必要があるが、ゴール前であれ、サイドであれ、真ん中であれ、あるいは後ろであれ、彼はスイッチを切り替えることができる。戦術的レベルが群を抜いている」

 かつてヴィッセル神戸を率いていたフアン・マヌエル・リージョはそう言って、このポジションの特性を語っていたことがある。

<サッカーの化身>

 そう思わせる知性を感じさせるのがインサイドハーフだ。東京五輪世代で、サッカーの深淵を見せてくれる選手は誰か――。

 東京五輪にドイツの新鋭として出場が予定されるカイ・ハフェルツ(20歳、レバークーゼン)は、サッカーの醍醐味を伝える。

 ハフェルツはすでにチャンピオンズリーグでも試合出場を重ね、異彩を放っている。身長189cmと巨躯ながら、しなやかな動きで相手の裏を取り、インスピレーション溢れるプレーを見せる。4-2-3-1の布陣ではトップ下を務める、システムやプレースタイル次第で、サイドアタッカー、0トップ、センターハーフをこなし、かつての「10番」を進化させている。

 同じく東京五輪に出場予定のスペイン代表ダニ・オルモ(21歳、ライプツィヒ)も、インテリジェンスを感じさせる逸材だ。


当時の記事を読む

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「イニエスタ」に関する記事

「イニエスタ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「イニエスタ」の記事

次に読みたい「イニエスタ」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月7日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. イニエスタ バルセロナ
  2. イニエスタ 評価

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。