未来のスーパースターはこの中に。レイニエルら東京五輪世代の攻撃的MFたち

       

 オルモはバルサの下部組織ラ・マシアで育ったが、ユースには昇格しなかった。ディナモ・ザグレブとプロ契約し、培った技術を早くから実戦で磨いてきた。敵ゴール近くで仕事をするようになって才能が開花。シャビ・エルナンデスと似た特性を持つ。ゴールを生み出す力も高く、スペイン代表としてデビューした昨年のマルタ戦でゴールを決めている。

 東京五輪には出場しないが、ノルウェー代表のマルティン・ウーデゴール(21歳、レアル・ソシエダ)も2人に匹敵する実力者だろう。

 ウーデゴールは左利きのドリブラータイプとして、16歳でレアル・マドリードと契約した。当時はリオネル・メッシ(バルセロナ)と比較されることが多かった。しかしプロ選手としての経験を重ねる中、インサイドハーフに活路を見出しつつある。今シーズンはレアル・ソシエダの攻撃サッカーをけん引し、来季はルカ・モドリッチの後継者としてレアル・マドリード復帰が噂される。ちなみに、ウーデゴールの代わりに、同じ左利きの久保建英がレアル・ソシエダに期限付き移籍するという話も出ているが……。

 同じく五輪出場はないが、イングランド代表のメイソン・マウント(21歳、チェルシー)も大舞台で存分に実力を示しており、どう化けるかに注目が集まる。ゴールに向かうインテンシティが高い選手で、相手のボール回しをかっさらい、そのままゴールするシーンも少なくない。”前輪駆動”で、相手を屈服できるMFだ。

 ウルグアイ代表フェデリコ・バルベルデ(21歳、レアル・マドリード)も、マウントと似たプレー強度の高いMFと言える。持ち場の球際で負けないため、その局面から勝負を優勢に持ち込むことができる。ウルグアイ人選手は球際で粘り強く”ファイター”が多いが、彼もその例に漏れない。

 一方、日本にも久保建英をはじめ、攻撃的MFの逸材は多い。ただし、話をインサイドハーフに限ると、4-3-3の布陣を使うチーム自体が少なく、適性のある選手はそもそも多くない。五輪年代では、本田風智(18歳、サガン鳥栖)は適性を感じさせるが、未知数だ。

 世界的には、10代で怪物感を漂わせる選手が出てきている。


当時の記事を読む

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「イニエスタ」に関する記事

「イニエスタ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「イニエスタ」の記事

次に読みたい「イニエスタ」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月7日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. イニエスタ バルセロナ
  2. イニエスタ 評価

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。