ビッグクラブも金欠…だが本田圭佑のボタフォゴはリーグ再開に異論

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、ブラジルでは3月16日からすべてのリーグがストップしたままだ。ブラジルでは2月から新シーズンが始まるので、ほんの数試合を戦っただけで延期になってしまった形だ。

ビッグクラブも金欠…だが本田圭佑のボタフォゴはリーグ再開に異論

3月16日のバングー戦が最後の試合になっている本田圭佑(ボタフォゴ)photo by KYODO

 ブラジルのシーズンはまず州別のリーグ戦があり、その後、5月から全国リーグが始まる。しかしまだ州リーグが消化されていないのだから、その後の全国リーグがどうなるのかまったくわからない。ブラジルサッカー協会は各州のサッカー協会の決定を待っている状態だ。

 一番伝統のあるサンパウロ州のカンピオナート・パウリスタ(サンパウロ州選手権)は、近いうちにすべてのクラブチームの代表を集め、いつ練習を再開し、いつ試合を再開するのかを決めていくことにした。一方、リオデジャネイロ州ではすでに話し合いが行なわれ、チームそれぞれが独自の判断で練習再開の時期を決め、その後、試合再開の日程を決めることとなった。

 試合再開の時期に関しては、今のところ5月末か6月初旬が有力だ。なぜなら38節ある全国リーグを終わらせるには、少なくとも7月半ばに州リーグを終わらせる必要があるからだ。

 全国リーグは注目度が高く、動く金額も州リーグとは比べものにならない。そのためどのクラブも、どうにか全国リーグを完璧な形で開催したいと望んでいる。

 もともと財政的に豊かでないブラジルのクラブチームにとって、リーグ再開は死活問題だ。

 コリンチャンスは数日前に、電気代を払えずすべての電気を止められた。クルゼイロは選手、スタッフすべての給料が払えず、数カ月前にリバプールと世界一を争ったフラメンゴも4月から全員の給料を大幅にカットした(フラメンゴでは40年間務めたマッサーがコロナに感染して亡くなっている)。セリエA(1部)のビッグクラブでさえこんな状態なのだから、下部リーグのチームの状況は本当にひっ迫している。

 しかし、そんな中で唯一、早期再開に異を唱えているのが本田圭佑の所属するボタフォゴだ。ボタフォゴのカルロス・モンテネグロは、過去に二度ボタフォゴの会長を務め、現在は相談役を務めるチームの重鎮。本田の移籍に関しても大きく関わった人物だ。そのモンテネグロがリーグ再開を急ぐ風潮に一石を投じた。


あわせて読みたい

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「本田圭佑 + twitter」のおすすめ記事

「本田圭佑 + twitter」のおすすめ記事をもっと見る

「本田圭佑 + ビジネス」のおすすめ記事

「本田圭佑 + ビジネス」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「宮市亮」のニュース

次に読みたい関連記事「宮市亮」のニュースをもっと見る

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月8日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. 本田圭佑 Instagram
  2. 本田圭佑 SVホルン
  3. 本田圭佑 twitter

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。