三浦大輔が柳田悠岐に直球でリベンジ。前打席特大弾後の駆け引きがすごい

       

日本プロ野球名シーン
「忘れられないあの投球」
第6回 横浜DeNA三浦大輔
ソフトバンクとの交流戦(2015年)

 両翼94m、中堅118m、フェンスの高さ5m。

 プロ野球界にあってフィールドが最も狭い部類に入る横浜スタジアム。この球場で投げることの難しさを最も知っているのが、現在、横浜DeNAベイスターズの二軍監督を務める三浦大輔だろう。

 現役生活25年、チームのエースとして浜風が強い日も雨の日もマウンドに立ち続け、2016年シーズンを最後に引退した。

 忘れられない名場面が星の数ほどある三浦だが、強靭なメンタルと老獪な投球術をいかんなく発揮したのが、2015年6月3日のソフトバンク戦である。

三浦大輔が柳田悠岐に直球でリベンジ。前打席特大弾後の駆け引きがすごい

25年の現役生活で通算172勝をマークした三浦大輔

 この試合、語り草となっているのが柳田悠岐の超特大ホームランだ。6回表、三浦の高めに浮いたスライダーを柳田は完璧に捉え、推定飛距離145mのソロ本塁打を放ち、バックスクリーンのLEDビジョンの一部を破壊し大きな話題となった。

 しかし”忘れられない1球”は、このホームランにあらず。三浦が真骨頂を見せたのは、7回表に巡ってきた柳田の次の打席である。同じ轍は二度と踏まない──三浦は、あの日のことを振り返る。

「気持ちだけは絶対に負けないって思っていましたよね。あの強力打線を目の前に、しかも強いフォローの風が吹いていた。ソロホームランを怖がっていたら、自分のピッチングができない。それがハマスタでの戦い方。ただ、ランナーをためてドカンというのだけは避けないといけない」


あわせて読みたい

三浦大輔のプロフィールを見る
webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「三浦大輔 + コーチ」のおすすめ記事

「三浦大輔 + コーチ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「岩村明憲」のニュース

次に読みたい関連記事「岩村明憲」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「宮本慎也」のニュース

次に読みたい関連記事「宮本慎也」のニュースをもっと見る

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月8日の野球記事

キーワード一覧

  1. 三浦大輔 コーチ

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。